経済学研究科(大学院)の講義について…思っていたのとは可なり異なる

さて、このブログも最近は、本当に(本来的?)日記になりつつありますが、今回は、わたしの大学院体験(現在進行形)から。

「経済学部の大学院って、どんな事をやってるのでしょうか?」

わたしが、受験前にイメージ(勝手に)してたのは、

いつかTVで見た「どこかの大学or大学院or公開講座」のイメージだった。

そこでは、元キャビン・アテンダントをしていた年配の女性の方が、自分の現役時代に見てきた各国の状況を、講義の中で発現されていて、とても楽しそうだった。生きいきとされていた。

そこでは先生(教授?)と学生さんとが、様々な意見を言い合って、それに先生が解説を加える形をとっていた。

ところで、経済学研究科では、今何をやっているのか…。

もう殆どが「数学」。

「数学ばっかり」と言っても良い。

もちろん「経済数学」だけど、微積はもちろん(偏微分も)、統計なんかが殆ど!

経済を理解するためではあるけども、経済学大学院では、実際の経済の話は(今のところか?)殆ど無い…と言っても良い。

実際、もっと「経済のはなし」を議論するのだと思ってた、けど、違ってた。

毎日、(経済基礎の?)数学ばっかりやってる。

しかも、理工系の数学が身についてる(実際はほとんど忘れてるけど、基本が残ってる=残像的?)わたしには、少し「とっつきにくい感」がある。

それに、工学でも数学を多用する「電気系」だったのに、経済学では、大学では聞いたことも無かった(ただの勉強不足かも)色んな「数学」を使う。

それと、理工系では、変数の意味が殆ど決まってる(例えば、電気でVと言えば電圧、Iと言えば電流とか…)が、経済では、これが結構変わる(例えば、利子率をrで表したりiで表したり…その他「何でも良い」みたいなのがあったり…)。これが理工系(特に工学系?)出身者にとっては「馴染めない」。

まあ、兎に角、こんなに「数学」ばかりやるとは思ってなかった。

「経済」と「経済学」とは似て非なるモノ…と言う感じ。

まあ、「経済学の基礎が出来てから、実証経済の話をしろ」と言う事なのかも知れないけど、これだけ「経済学」を叩きこまれて行くと、実際の経済に対する「柔軟性」が無くなるのではないか…みたいな「思い」が過ったりする。

大学学部の経済学は、聞くところによると、それ程「数学」に偏っていない…とか。

もっと「言葉」や「概念」で「経済学」を理解すれば良いみたい。

学部でも「経済数学」はもちろんあるけど、公式を覚えれば良い(「なぜそうなるの?」と聞かれても、「公式です」で通用する)。でも、大学院ではその「公式を導出」して、その「意味」が解っていなければならない(つまり使いこなせなければならない)。

経済学研究科(大学院)では、経済モデルの数学的裏付けを要求される。それを自由に扱えるようになって始めて、経済学の専門家の入口に立てる…みたい。

でも、これだけ「数学」やるのだったら、「理工系」の大学院でも良かったかも…と思ったりもする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasutomo-Araki

Author:Yasutomo-Araki
現代の閉塞感のある世界がもう少しだけ住みやすくなれば良いなぁ、などと考えております。今の状況の延長線を自分たちの子供たちや孫たちへバトンを渡すのは余りにも無責任だと思っています。大学は工学系卒。国立K大学の経済学研究科大学院修士。博士課程考慮中…。この国の未来への良きシナリオを描きたいと思いトボトボと歩いてるって感じです。ただ最近は、当方の怠慢のせいでtwitterまとめ、或いは「忘備録」化してます…。しかし、同志さんたち大歓迎です。

なおこのブログではアフィリエイトプログラムを利用しておりますが、実際の商品の購入に関しましては、お客さまとリンク先のホームページ管理人とのお取引になります。お取引に関しまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。当該商品等のお問い合わせは、お取引先までご連絡下さい。

みんなのプロフィールSP

人気ブログランキングへ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
F2Cアフィリエイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クロック
最新コメント
Flashリバーシ
時間があれば遊んでいってください
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クリック募金
ワンクリックで救える命がある
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター
メールフォーム
個人的に連絡したい時はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも募集中で~す!

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム