『スパコン、米のクイズ王に圧勝 本100万冊分の知識』を巡って考える事、思い出した事

朝日新聞電子版に『スパコン、米のクイズ王に圧勝 本100万冊分の知識』という記事がエントリされてました。

管理者は、実は『人口知能』にすごく興味があって、専門書も数冊、積ん読しています(少し、余裕ができたら読破したく思っております)。

これで、また「コンピューターの新たな『章』が始まったのだと思います。

「クイズ」の前には「チェス」がありましたよね。

『1997年5月、チェスの世界チャンピオンであるカスパロフとIBM製のチェスコンピューター「ディープブルー」が対戦し、ディープブルーが2勝1敗3引き分けで世界チャンピオンを破』ったと言うのがありましたね。それで、この世界王者カスパロフ氏は「引退」を表明された。

で、今回の「内容」は次の記事の通り。




スパコン、米のクイズ王に圧勝 本100万冊分の知識
2011年2月17日11時51分

 【ワシントン=勝田敏彦】本100万冊分の知識を持ち、人間の言語を理解する米IBM製の人工知能「ワトソン」と、米国の人気クイズ番組「ジョパディ!」の王者2人の対戦の最終結果が16日夜に放送された。結果はワトソンの圧勝。1997年にチェスの王者を破ったスーパーコンピューターが、大幅に進化したうえで新たな「偉業」を成し遂げた。

クイズ王対スーパーコンピューター

 対戦は、同番組で連勝と獲得賞金でそれぞれ記録を持つ王者との間で2試合に分けて行われた。14、15日に放送された第1試合では、前半ではビートルズに関する問題に続々、正答。後半戦では冒頭7問に連続正解して猛ダッシュした。最後の問題で空港名の由来から米国の都市名を問われた質問で、ワトソンが、正解はシカゴなのに、カナダの「トロント」と答える初歩的なミスを犯したりしたものの、王者2人を圧倒した。

 16日放送の第2試合も、前半は王者2人相手に苦戦したが後半で盛り返し、終わってみれば、順位を決める賞金額で2人に5万ドル以上の差を付けた。74連勝の記録を持つケン・ジェニングズさんは最後の問題に解答するとき「結果を尊重します」というメッセージを添え、2人はワトソンに拍手をした。

 ワトソンを開発したIBMが受け取る賞金100万ドル(約8400万円)は、全額が慈善事業に寄付される。

 4年がかりで開発されたスーパーコンピューターのワトソンは、本や映画の脚本、百科事典などから知識を読み込ませてある。司会者の問題の読み上げと同時に送信される問題テキストを受けて、解答を考え、合成音声で答える。あいまいさを含む問題文や文脈を理解し、人間に負けない速さでボタンを押すことが求められるため、2880個の中央演算処理装置(CPU)を同時に動かしている。

 最近のコンピューターの能力向上はめざましく、将棋や囲碁でも人間の能力に迫っている。
(http://www.asahi.com/science/update/0217/TKY201102170169.html 参)




「チェス」の時は、「ディープブルー」、今回の「クイズ」は「ワトソン」。どちらもIBM社のスパコンですね。「チェス」はスパコンのCPUの演算速度で、あらゆる『手』の計算をし、その「ポイント」が高い所に「駒」を進める。その判別は「視覚」情報、と言うことですよね。

でも、「クイズ」はレベルが違いますよね。まず「聴覚」。音声認識をしなくてはなりません。さらに「音声」で出題された「質問の意味」を「理解」しなければならない。ここがもう、レベルが違うところですね。各「単語」の「意味・概念」が「解り」、その上で、「単語」の「繋がり」を「理解」して、「何を質問しているのかを理解」しなければならない。その上で、今度は「その答え」を「検索」し(ここは得意でしょうね)、それを、「言葉」として、またばあいによっては「文章」(文法に合った言葉)にして、「発音」、表現しなければならない。

まだ、『人工知能』の著書を読んでいないので、自分なりの理解の範囲ですけど、これはスゴイです。しかも、二人の「クイズ王」を断然突き放しての「優勝」です。

これは、どういう『アルゴリズム』を使っているのでしょうか? まあ、「企業秘密」でしょうけどね。教科書には、色んな『アルゴリズム』の解説が載ってますけど。わたしは、これは「ニューラル・ネットワーク」を使っているのではないか? と思っているのですけどね。これは、一昔前に流行った『シーマン』なるゲーム(と言うか、仮想生物を育てる一種のゲーム)がありましたよね。あれは、確か「ニューラル・ネットワーク」を使っているはずです。「ニューラル・ネットワーク」は御存じの方も多いと思いますけど、「学習するコンンピューター」です。だから、『シーマン』(わたしは実は、やった事がないので、実際のところは解らないのですけど)は、最初は「あまり話さない」し「意味不明の事をつぶやく」(らしい)。で、育てていくと、人間の会話に「絶妙な会話をはさむようになる」(らしい)。ただ、この場合は『ゲーム』ですから、少しトンチンカンな会話で、噛み合わなくても「それはそれで面白い」。また「ぴったりの会話」をすれば「更に一層、面白い」ですよね。

本当に、SFの世界が近づいて来ている感じがします。こういう『人工知能』をテーマにした「小説」「漫画・アニメ」「映画」はもう掃いて捨てる程ありますね。それらの中では『人工知能』が「ついに意識を獲得してしまう」モノとか「人間と区別出来ない」モノとかで充満しています。最近(と言っても随分前)なら、そのものズバリ『A・I』って映画がありましたよね。そう言えば、アーサー・C・クラークの『2001年宇宙の旅』では、「HAL」って言うIBMをもじった(つまりそれぞれのアルファベットの前の字を使っている)、スーパー・コンピューターが『意識』を持って、「狂い」、宇宙船の宇宙飛行士を次々に殺していく…と言うのがありましたね。

「果たして、コンピューターは人を超えるのか?」

実は、コレ、わたしが小学校高学年の時の、「国語」の時間に、今で言う「ディベート」させられた「課題」でした。で、わたしは、当然「コンピューターはプログラムを実行するだけで、思考が出来るはずがない」ので、「越えられない」の「グループ」に入りたかったのですけど、運命(先生?)は悲惨なことに、わたしを「越えられる」の「グループ」へ…。

もう、圧倒的に、「越えられない」派が有利。「越えられる」派の生徒たち自体が、

「そんなもの、越えられる訳がない。だって機械に『思考』は無理!」

と思っているのだから、当然ですよね。

ところが、その時、「へそ曲がりのわたしの頭の中に、へそ曲がりの悪魔が、理路整然と」囁きかけてきたのです。さっきまで「越えられない」派だった、わたしは、一気に転向し、立って「越えられない」派(実は、みんな「越えられない」派だったから、全員に)へと向かって、

「今は、まだ『思考』というものが、どう言う仕組みで『出てくる』のか、解っていない。でも、『思考』の『仕組み』が解れば、演算する速さはコンピューターの方が早くなる(それはン十年も前のことで、コンピューターと言うモノがあると言うことが、ようやく知られた頃で、もちろんPCなんて、夢のまた夢。でしたからね)だろうから、コンピューターはいずれ人間を超えることができるでしょう」

って、やったのでした。その結果、

クラスは『沈黙』(先生も含めてだったと思います)状態に…。

「あれー、何かマズかったかな」とわたし。

皆のわたしを見る目が「冷たい」というか「異質」で「理解出来ないモノ」を見るような目になってた。

その後、先生は、適当に「まとめて」、お開きに…。

「大体、国語の時間に、理科みたいな討論(あの頃は、ディベートなんてハイカラ無言もなかった)させるなよ!!」

それからしばらくの間、皆がわたしを見る目が違っているように感じたのは、わたしの思いこみだったのだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasutomo-Araki

Author:Yasutomo-Araki
現代の閉塞感のある世界がもう少しだけ住みやすくなれば良いなぁ、などと考えております。今の状況の延長線を自分たちの子供たちや孫たちへバトンを渡すのは余りにも無責任だと思っています。大学は工学系卒。国立K大学の経済学研究科大学院修士。博士課程考慮中…。この国の未来への良きシナリオを描きたいと思いトボトボと歩いてるって感じです。ただ最近は、当方の怠慢のせいでtwitterまとめ、或いは「忘備録」化してます…。しかし、同志さんたち大歓迎です。

なおこのブログではアフィリエイトプログラムを利用しておりますが、実際の商品の購入に関しましては、お客さまとリンク先のホームページ管理人とのお取引になります。お取引に関しまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。当該商品等のお問い合わせは、お取引先までご連絡下さい。

みんなのプロフィールSP

人気ブログランキングへ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
F2Cアフィリエイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クロック
最新コメント
Flashリバーシ
時間があれば遊んでいってください
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クリック募金
ワンクリックで救える命がある
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター
メールフォーム
個人的に連絡したい時はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも募集中で~す!

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム