改めて、わたしのブログの基本方針について

良く、言われる事に『政治と宗教の話はするな』と言うのがありますよね。
それは、多分に「人それぞれの考え方や信条が違うので、結論が出ない」或いは「争いになってしまう」或いは、ある種の『危険性』を感じるからでしょう。

わたしは結構、そのしてはならない(?)と言われる『政治』や『宗教』や『経済』の話を結構アップしておりますが、ここではっきり言って置きたいのは、

わたしは、特定の政治団体に所属するものでもないし、支持するものでもないと言う事。また、特定の宗教団体を支持するものでもない(お釈迦様の本当の『教え』には非常に興味を持っている事は確かです。ただ、お釈迦様の『教え』は本当は『宗教』では無いです。だから、お釈迦様は「わたしは『神』である」と言ってらっしゃらないし、『仏陀を信仰しなさい』とは言ってらっしゃいません。「わたしの示した『道』を実践しなさい」と言うことと「仏・法・僧[僧団=サンガ]を敬いなさい」とは仰られています)と言う事です。

わたしの『背景』には何も有りません。人間である以上、『客観的』に書いているとか、『間違いが無い』等とは言えませんし、言いません。できるだけ『客観性』を持ちたいと言う姿勢で臨むよう努力はしたいと思っています。そして『是々非々』がわたしの『基本的方針』です(これも『主観』ですから、自分とは異なる『是々非々』があると思います。オープンな場で現状「どちらが『是』により近いかという事をジャッジしてもらいたい」と言う事です。『是』自体が、時代時代で変化するのがこの世界ですから)。

わたしは、自分が情報収集したり、僅かながら蓄積してきた『知識』を元にして、多くの人に『現状把握』し『自分の頭で考えて欲しい』し『御自分でも情報収集や情報確認&分析』をして欲しい(そして、それをまた御教授して頂きたい)、そして出来るのであればそれを『社会』に生かして欲しいので、書いています。その上で、『疑問』を持たれる方がいらっしゃれば、『論争』するのではなく、『より良い結論』(『正解』は無いと思いますから、現状で『最適』と思える結論)に達する事ができれば、それで十分だと思っています。ただ、第一義的には『自分の考えを纏めるため』に書いているのだろうと自分で思っています。

ですから、わたしは読んでいる人に『自分の考えを押し付ける』つもりは全くありません。ただ、

「いずれこの世を去って行く者として、後世の子孫に、顔向けが出来ないような社会を残したくない。できるのであれば『より良い日本』『より良い世界』を残したい」

とは、思っています。確かに『より良い』と言う事自体、人によって異なるでしょう。人によって『住みやすく感じる環境』は異なるでしょうから。

「住みにくい(?)この世を、少しでも住みやすく感じる場所に出来れば、それで十分」
だと思っています。要は『最低限のルール』を守れるような世界になればと希望しています。本当は『人間』であると言う以上は、少しでも『上』(道徳的に、或いは人格的に)を目指すべきだとは思いますが、わたしが知る(人一人が見る事のできる世界なんて、ほんの一部だとおもいますけど)範囲で『最低限のルール』さえ守ることの出来ない人が、余りにも多ように感じます。

確かに、
「ルール(最低限のですら)を守っていたら、生き残る事もできない」
と言う声が聞こえてきそうですし、実際、そうなのかも知れません(特に『景気』が悪くなればなるほど、『人心』は『荒廃』しその傾向は強くなるのかも知れませんが、日本より貧しい国でも『満足』し幸福に生きている人も大勢いらっしゃいますよね。だから『貧困』が『荒廃』に直結する訳ではない。確かに『資本主義』『市場経済』が発達したこの国では、『貧困』は『不幸』に直結しやすい事は確かだと思います。『不況』=『リストラ』=『家庭崩壊』=『鬱』=『自殺』と言う構造があることは否定できません。今や年間自殺者三万人以上という『異常事態』です。そういう構造で『死』を前にした人に「最低限のルールは守りましょう」と言っても、それは『意味をなさない事』かも知れません。だからそうなる前に、そういうことが起きないように『為政者』には適切な政治を行ってもらわなければならないでしょう。現状でも社会のセイフティー・ネットとして、『生活保護』を受ければ、最低限の生活はできます。ただ、そこに『人間の尊厳』が有るかどうかは疑問ではあります)。

でも、最低限のルールさえ守れないのであれば、それはもう『人間』と言えるのでしょうか? 中には「それが人間の本質だ」と言ってはばからない方も(かなり)いらっしゃいます。それも承知しております(『国家』ぐるみでそういう国が結構あるとも感じております。「『国家』間の闘争に仁義は無い」と言うのが現状なのかもしれません)。

確かに『ルール』を破ってでも“事を行なう”なら、その時は、『過剰な利得』を得る事が出来るかも知れません。でも、それをやってしまうと『長期的』には、『身を滅ぼす』事にもつながると思いますし、何より『自分の属する社会』の『地盤沈下』につながり、結局は自分も沈んで行く。『破局への道』だと思うのです。

とりあえず、わたしの『スタンツ』はそういう所なので、ご遠慮なく『意見』を言って下さって結構です。むしろ『建設的』な議論をするべきだし、そういう『場』になって欲しいと思っています。ただ、『けんか腰』とか『故意の嫌がらせ』的なもの、明らかに『建設的でない』と思われるモノは無視するか、場合によっては“消去”させて頂きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasutomo-Araki

Author:Yasutomo-Araki
現代の閉塞感のある世界がもう少しだけ住みやすくなれば良いなぁ、などと考えております。今の状況の延長線を自分たちの子供たちや孫たちへバトンを渡すのは余りにも無責任だと思っています。大学は工学系卒。国立K大学の経済学研究科大学院修士。博士課程考慮中…。この国の未来への良きシナリオを描きたいと思いトボトボと歩いてるって感じです。ただ最近は、当方の怠慢のせいでtwitterまとめ、或いは「忘備録」化してます…。しかし、同志さんたち大歓迎です。

なおこのブログではアフィリエイトプログラムを利用しておりますが、実際の商品の購入に関しましては、お客さまとリンク先のホームページ管理人とのお取引になります。お取引に関しまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。当該商品等のお問い合わせは、お取引先までご連絡下さい。

みんなのプロフィールSP

人気ブログランキングへ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
F2Cアフィリエイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クロック
最新コメント
Flashリバーシ
時間があれば遊んでいってください
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クリック募金
ワンクリックで救える命がある
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター
メールフォーム
個人的に連絡したい時はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも募集中で~す!

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム