「現代の、混迷とした経済・社会状況の中で、高橋是清のような人物が居れば」と常々思い、感じつつ、翁の「自伝」を読む

日本の「ケインズ」、と言うか、ケインズが「英国の高橋是清」と言うべきか…。

その「見事な手腕」で、「恐慌に立ち向かった」男。

わたしは「彼のそう言った知識(と言うか『智慧』?)は「どこから来たのか?」「どこで学んだのか?」を知りたかった。

それで読んだのが「高橋是清自伝(上)(下)」(高橋是清 上塚司編 中公文庫)。

高橋是清自伝(上)


本書(上)(下)巻は、「生い立ちよりペルー銀山の失敗とその後の落魄時代まで」(上)と、「実業界への転身とその修行時代から外債成立までの経路と対英米独仏財界の回顧」(下)までの翁自身の「回顧録」となっている。

「すなわち五十二歳までのことしかのべられておらず、三十一年に及ぶ後半生はブランクでのこされている。その後半生こそ、正金銀行総裁となり(一九〇六)、男爵を授けられ(一九〇七)、日本銀行総裁となり(一九一一)、山本権兵衛内閣の大蔵大臣に就任し、政友会に入党(一九一三)、原敬内閣の大蔵大臣に就任(一九一八)、子爵にのぼり(一九二〇)、原敬暗殺のあと、総理大臣兼大蔵大臣に親任、政友会第四代総裁におされた(一九二一)。また大正十三年(一九二四)護憲運動のときは、爵位を辞して代議士に当選、加藤高明内閣の農商務大臣に就任、その翌年総裁、大臣を辞任、昭和二年(一九二七)金融恐慌のさなかに成立した田中義一内閣の大蔵大臣に就任してパニックを終息させ、昭和六年(一九三一)、犬養内閣の大蔵大臣に就任して金輸出再禁止を断行し、「五・一五事件」で犬養首相が暗殺され、その後に成立した斎藤実内閣の大蔵大臣、そのつぎの岡田啓介内閣の大蔵大臣(一九三四)となり、昭和十一年(一九三六)度予算編成のため軍部と対立し、十一年二月二十六日未明、赤坂表町の私邸で青年将校の襲撃を受け、死去したのであった。」

つまりは、翁の「回顧録」以降も、翁は「波乱万丈」の歴史の中に生きた人だった。

翁は「日本にとって大恩人」と言って間違いないだろう。
(そして、恐らく翁自身は「そんな事など考えもしない」人物だった…それが、また翁の「魅力」ではある)

高橋是清は「私心を捨て」、日本を支え続けてきた偉人だった。

では翁の「後半生」を知らずして、「翁の実務知識・能力」が何処から来たのか、解らないかと言えば、そうではない。本書、上下巻によって「知る事が」出来たと確信している。

翁の飛びぬけた(日本経済・財政が危機に成る度に担ぎ出され、それを見事に解決した)「知識・能力」は、殆どが「アカデミックな場」で得られたものでは無い。

それは、飛びぬけた「英会話能力」(翁はこの渡米ために「知らぬ内に“奴隷”として売られて居た)と、高橋是清と言う人物の「誰にも臆する事のない“是々非々”を貫く」意思と「名誉や毀誉褒貶にとらわれない、本質を掴み取ろうとする一貫した精神」そして「相手を思いやる心」が成せるものだった…と深く感じて居る。

そして、それは「実践」「現場」の中で磨かれた。

翁は「何事もやるのであれば、丁稚、下積みから」と言う生き方を貫く事で「棚ぼたの利益」を拒絶する…そうでなければ「物事の本質は解らない」、そして「物事の基礎が解らずして、大任は果たせない」を貫いた人物だった。

「現代の、混迷とした経済・社会状況の中で、高橋是清のような人物が居れば」

と常々、感じ、思って居る所であるが、見回してみれば「我が我がの人ばかり」で、翁のような人物は「望むべくも無い」のだろう…か。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasutomo-Araki

Author:Yasutomo-Araki
現代の閉塞感のある世界がもう少しだけ住みやすくなれば良いなぁ、などと考えております。今の状況の延長線を自分たちの子供たちや孫たちへバトンを渡すのは余りにも無責任だと思っています。大学は工学系卒。国立K大学の経済学研究科大学院修士。博士課程考慮中…。この国の未来への良きシナリオを描きたいと思いトボトボと歩いてるって感じです。ただ最近は、当方の怠慢のせいでtwitterまとめ、或いは「忘備録」化してます…。しかし、同志さんたち大歓迎です。

なおこのブログではアフィリエイトプログラムを利用しておりますが、実際の商品の購入に関しましては、お客さまとリンク先のホームページ管理人とのお取引になります。お取引に関しまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。当該商品等のお問い合わせは、お取引先までご連絡下さい。

みんなのプロフィールSP

人気ブログランキングへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
F2Cアフィリエイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クロック
最新コメント
Flashリバーシ
時間があれば遊んでいってください
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クリック募金
ワンクリックで救える命がある
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター
メールフォーム
個人的に連絡したい時はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも募集中で~す!

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム