経済学…その「数学」導入の謎??

「経済学」って本当に「数学」が多い。

その事自体は、まぁ良いとして…。

わたしは理科系出身者だし、工学系と言っても、どちらかと言えばやってたのは「物理系」だった。それも「理論物理」系。

でも、以前にも書いたと思うけど「経済学」、アカデミックでやり始める以前と以後で「凄く印象が違ったモノ」になった。

ただ、教授とか「教科書」とかによれば、

「学部の経済学と、大学院の経済学とは違う」

そうだ。

しかし、それにしても出てくる数学が、「理科系出身のわたしが、名前位しか聞いたことの無い数学や、聞いたことも無いような数学まで入ってる!?」。

で、「聞いたことがあるな〜」って数学、これが「数学者」や「物理学者」や「天文学者」の数学が多い(と言うか、「経済数学」って教科書もあるけど、純粋に経済学者が考え出した「数学」ってあるのかな〜 って感じ)。

オイラー、ラグランジュからディラックまで出てくる。

多分、最初に(本格的?に)「数学」を持ち込んだのはケインズじゃないだろうか?
(その辺は、まだ調べておりませんが…)

で、『国家は破綻する』(ラインハート&ロゴフ)に書かれてたけど、

「ポール・サミュエルソンが物理学の理論を経済学に持ち込んで以来、経済の世界にも何かしら物理的な安定状態というものがあると経済学者は考えたがるようになった」と歴史経済学者のリチャード・シラが言ってるらしい。

そう「ポール・サミュエルソン」だったんだ!

ポール・サミュエルソンと言えば一世を風靡した経済学者。氏の「経済学」と言う「教科書」は、かって、ん十年間に渡って「最高の教科書」と言われてたベストセラー教科書。で、実は、ん十年前に、わたしもその「高名」で「高価」な教科書を買ってた。その教科書って、所謂「大型版」で、持ち運びも、読むのも不便(と言う、結局、読まなかった言い訳です)だった。

しかし理科系出身者のわたしにすれば、

「オイラーとかラグランジュって、数学者で天文学者ではなかったっけ。なんでこんな所に登場されるのかなぁ」

って感じ。

「確かに、天体の動きって(最適)軌道を辿るんだろうけど…」

しかし、ディラック先生まで登場されますか!? ディラックって量子力学だったよなぁ…とか。しかも「虚数空間」とか「真空は実は無では無く、陽電子で満たさてれいる(ディラックの海)」とか。

確かに、ソローとかフィッシャーとかは経済学者だよな。

しかし、ココでもう一つ気になるのが、

ミクロの教科書でもマクロの教科書でも良く書かれてるけど、

「経済学は現実を単純化してモデルを作る。単純化する事によって、現実が浮き彫りになる…」

みたいな事が書かれ、「単純化」をむしろ礼賛しているように思える事。現実(物理現象もソウだけど)、社会現象なんて「単純化」しないとモデルなんて作れない…作れば勿論「複雑系」。

ただ、物理学者との態度の違いは、物理学者は「自然現象の前に謙虚」である事。物理学者は勿論、複雑系であろうとどうであろうと、「事象を正確に描写しようとして数学を使う(ただ、単純に思われる物体の運動方程式でも、二体問題までは解けても、三体問題になるともう複雑系だから、実は解けない)」だから、コンピューターが発達してくるまで「特殊解」しか解けなかった方程式(アインシュタインの「宇宙方程式:一般相対論」なんか完全にソウ)なんて山ほどある。しかも、尚、「世界のほんの一部しか理解していない(と言うか、人間の認識力では理解出来ない…何故ならそれは「神」の領域だから)と自覚している」と私は理解している。

一方、経済学者は少し「傲慢」なような気がする。

だから、

“THIS TIME IS DIFFERENT”

なのだろう(ちょっと、ココで前回の『訂正』。「『ハイパーインフレ』は20%超えと書いてあった」って書いたけど、本当は「高インフレ」。で、「ハイパー・インフレ」となると、学者さん、研究者さんによってその数字はバラツキがある。例えば、ジョーンズなんかは「マクロ経済学Ⅰ」の中で500%と書いてある。でも、ハイパーインフレのきっちりした「数字の定義」は無いみたい。それに、例えば300%とかとしたとして、年間なのか月なのか、それともインフレを起こした期間なのか…概ねは「年間」だろうけど…それもちょっとはっきり書かれていない場合がある)。

「経済は我々がコントロール出来るモノ」

って意識があるような気がする。そして「マーケット(と言うか、この世界)」から「手痛いしっぺ返し」を受け続けているのではないか?

理科系人間なら、

「理論は完璧に描写」しようとするだろうし(実際には出来ないケド)、もっと「現実に対して謙虚」だと思う(中には違う研究者もいるだろうケド)。

わたしには出来ないケド、本当に「経済学」が「数学」を持ちたいのだったら、そんな「借り物」じゃなくて、「経済現象」の中から「数学理論」を作って欲しい…と思う。

「カオスとフラクタル」も(これには経済学も参加している:サンタフェ研究所)ハミルトンやポアンカレ、ローレンツ等、そしてマンデルブロ等によって発展してきた。彼らは数学者や物理学者や気象学者などの自然科学者。ここに名前を連ねる位の経済学者が居ても良いのではないだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasutomo-Araki

Author:Yasutomo-Araki
現代の閉塞感のある世界がもう少しだけ住みやすくなれば良いなぁ、などと考えております。今の状況の延長線を自分たちの子供たちや孫たちへバトンを渡すのは余りにも無責任だと思っています。大学は工学系卒。国立K大学の経済学研究科大学院修士。博士課程考慮中…。この国の未来への良きシナリオを描きたいと思いトボトボと歩いてるって感じです。ただ最近は、当方の怠慢のせいでtwitterまとめ、或いは「忘備録」化してます…。しかし、同志さんたち大歓迎です。

なおこのブログではアフィリエイトプログラムを利用しておりますが、実際の商品の購入に関しましては、お客さまとリンク先のホームページ管理人とのお取引になります。お取引に関しまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。当該商品等のお問い合わせは、お取引先までご連絡下さい。

みんなのプロフィールSP

人気ブログランキングへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
F2Cアフィリエイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クロック
最新コメント
Flashリバーシ
時間があれば遊んでいってください
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クリック募金
ワンクリックで救える命がある
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター
メールフォーム
個人的に連絡したい時はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも募集中で~す!

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム