鳩山首相、温室効果ガス「25%削減」世界に宣言

民主党、鳩山政権の国際デビューは「2020年までに、温室効果ガス25%削減」で始まったようですね。
しかし、凄い数字です。一般的に温室効果ガスのターゲットとされているCO2は、人間の経済活動と連動しますから、現状でも国内的にも国際的にも『経済危機』状況にある日本が、さらに「(単純に言ってしまえば)25%経済活動を低下させます」と公に発表すると言う事ですね。
この鳩山さんの国際公約(?)に対して、アメリカ国民は概ね歓迎しているようですけど、じゃあ、アメリカは現実問題、日本と歩調を合わせて同率程度のCO2削減に協力、国際的に約束するか……と言えば、非常に疑問です。
アメリカ(を始めとする諸外国)が歓迎するのは当然ですね。それだけ(単純に言ってしまえば)日本が世界市場を明け渡すと言っている訳ですから。しかも、なおかつ、
『これまでと同等以上の資金的、技術的な支援を行う用意がある』
と発言されたようですけど、日本の財政赤字が800兆円を超えており(日本のリアルタイム財政赤字のベージでは、総額が1000兆円を超えていました 興味のある方は http://www.kh-web.org/fin/ を参照してみて下さい)、さらに“国内景気浮揚策”で、かなりの金額を国内でも支援する訳で、果たしてそんな“余裕”がこの国に有るのか、正直のところ疑問です。
この『国際公約(?)』が達成出来なかった場合(やる前から、否定的に考えるのもどうかとはおもいますけど)、国際世論が日本に対してどう動くか、心配でもあります。

ところで、経済活動の低下の前に、(単純に言ってしまえば)と言う、括弧を付けたのは、もしも飛躍的な技術革新があって、CO2換算で25%以上の“クリーン・エネルギー”が造り出せるのであれば、『経済発展しながら、尚且つCO2の削減が可能』だからです。
ただ、現状で、それだけの規模の“クリーン・エネルギーシステム”は無いと思います。有るとすれば、『原子力発電』ですが、これはCO2こそ排出しませんけど、“クリーンエネルギー”なんて呼べる代物では無い事は、十分に解っていると思います。しかし、確かに、その方向(『原子炉の築炉倍増計画』)に進んで居る事は確かなようです(例えば 『海外情報連絡会 平成20年度 第2回講演会』における『エネルギー政策研究所長 神田 啓治 京大名誉教授』の発言 http://wwwsoc.nii.ac.jp/aesj/kaigai/lecture0802.html 参  ここには『2007年11月10日のサンタフェ会議(ワシントンDC)では、米国から日本への要請として、日本製鋼所(JSW)・室蘭の生産増量が話題になった。JSWは、現在の14,000t水圧プレスを2010年までにもう一基増設することによって、原子炉圧力容器製造キャパシティを年間4基から8.5基へ倍増する計画を発表し、米国は原子炉圧力容器の日本への発注に安堵感を示した。』と言うような記述があります。)しかし、特に日本のような地盤(火山列島で国土全体が無数の活断層で埋め尽くされている)の国では『原子炉』は止めた方が良いと思いますが、国際資本社会は『原子力ビジネス』を地球温暖化=CO2削減と絡めて進めたいようですね。

日本独自の『原子力政策』をアメリカは望んでいませんから、例の悪名高き『年次改革要望書』に「原子力発電の開発、築炉についての要望は無いようですね。とすれば、これは『日本国内で計画された“環境問題相乗りビジネス”』かも知れませんね。
そう言えば、資源エネルギー庁のHP内の、『原子力政策の現状について』のページには、その名も『原子力立国計画』なる言葉の入った報告書まで、色々な“資料”が沢山あります。(http://www.enecho.meti.go.jp/policy/nuclear/nuclear00.htm 参)

そう言えば、この中の資料『総合資源エネルギー調査会 電気事業分化会 原子力部会報告書』で、100万Kw級の発電設備の“経費比較”をしているのですけど(P14)、原子力(3000億円)、太陽光発電(6~7兆円)、風力発電(1兆円)となって居ます。なんか「始めに結論ありき」のような気がしてなりませんね。確かに、建設費用はそうなのかも知れませんが、原子力発電の場合はむしろ、その“事故対策費”“維持管理費”“放射性物質再資源化及び廃棄費用”“廃炉費用”そして“リスク”を費用に入れれば、場合によれば太陽光発電より高いものに付く可能性もあると思います。

わたしは、一応“技術者”のはしくれですけど、『壊れない機械は存在しない』と言えます。壊れた時、故障したときに、一番コストがかかるのは“原子力発電”だと思います。

まあ、良いように(本当は『人類にとって不幸(?)』)考えれば、日本としては、これを機に、世界で『原子炉ビジネス』を展開しようとしているのかもしれませんけどね(何しろ『原子力発電』を放棄しなかった、日本の『原子炉』技術は世界トップクラスですからね)。

そんな状況の中で、次のような報道がありました。

鳩山首相、温室効果ガス「25%削減」世界に宣言

【ニューヨーク=山口智久】鳩山由紀夫首相は21日夜(日本時間22日午前)、就任後初の外国訪問先となる米ニューヨークに到着、22日の国連気候変動サミットの開会式で演説した。将来の地球温暖化対策の焦点である先進国の途上国支援策を「鳩山イニシアチブ」と名付けて世界に発信。米中などの削減努力を前提に「90年比で25%」という20年までの日本の温室効果ガスの削減目標を国際的に公約し、排出量取引導入を明言するなど国内対策を加速する姿勢を示した。

 鳩山首相は、オバマ米大統領や中国の胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席らに続き英語で演説した。日本の首相としてほかの先進国を主導する形で、13年以降のポスト京都議定書の包括的な途上国支援策を打ち出したのは初めてだ。自公政権は京都議定書の約束期間である12年までの支援策しかつくっていなかった。

 鳩山首相は演説で、経済発展に伴い温室効果ガスが急増中の中国やインドなど新興国を「主要な途上諸国」と位置づけ、「削減に努める必要が大きい」と指摘。一方、温暖化による干ばつや洪水などの被害を受ける島国などに対しては、「これまでと同等以上の資金的、技術的な支援を行う用意がある」と述べ、日本の支援拡大を約束した。

 ポスト京都の途上国支援策の基本姿勢としては「公的資金が重要不可欠」と主張。ただ、「それだけでは途上国の資金需要を満たすことはできない」と述べ、「公的資金が民間投資の呼び水となる仕組みづくりを各国と進めていきたい」として、各国の排出量取引市場をつなげた国際炭素市場づくりに参加する意欲を示した。

 首相は途上国支援を長続きする取り組みとして定着させるため、日本主導の「鳩山イニシアチブ」を提案。(1)日本を含む先進国が相当の新規で追加的な官民の資金で貢献(2)途上国が特に支援資金で排出を削減した分については、測定、報告、検証が可能なルールづくりが必要――など、四つの原則を明らかにした。

 一方、国際貢献を進める前提として、国内対策の強化策も示した。麻生前首相が掲げた中期目標「90年比8%減」より厳しい「25%減」を達成するために、「政治の意思として、あらゆる政策を総動員する」と述べた。国内排出量取引制度と再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度は導入を明言し、地球温暖化対策税については検討する意向を明らかにした。

2009年9月22日 asahi.com
(http://www.asahi.com/politics/update/0922/TKY200909220249.html 参)

兎に角、まず世界各国に、同様の数値の『国際公約』をして貰う事ですね。そうすれば、日本だけが沈む事も無いし。それと、技術のイノベーションが起こって、原子力より安全な、そして本当に“クリーン”なエネルギー源を見つけ出す事でしょうけど、こちらの方は、なかなか難しいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
鳩山さんは悪いことを仰っているわけではないのですが、時に
「そんなことが本当に出来るのかしら」
「いったい誰がそれを負担するの?もしかして私達?」
「もしうまくいかなかったらどうするんだろう?」
という、思いが持ち上がってきて、心配になってしまいます。

Re:No title

Muuさんへ
レスが遅れて済みませんでした。
突然、義父が亡くなりまして、うちの嫁は女兄弟の長女。で、妹夫婦は外国住まいなんで、殆ど同居の親と同じような感じでしたので、もう、何も出来ない状態でした^^;
しかし、人が一人亡くなると、色々な儀式やその段取りなど、決めて行かなければならない事が山ほどあって、もう三日間寝てるのか起きているのか解らないような状態でした。
でも、“親”と言う人が亡くなるのは初めてだったので、もうヘロヘロでしたけど、色々とお勉強させていただきました。
亡くなって、義父の『大きさ』を改めて感じさせてもいただきました。

民主党政権、正直、頑張って欲しいです。
それに、長年の自民党支配の“垢”や“膿”が少しずつ出てきているのは、政権が交代した効果だと思っています。
でも、一方で、予測していた“政権内部の多様な意見の違い”が、もはや少しづつ出てきているような感じで、どう纏まって行くのか、注目です。

今後“本当の意味での政界再編”が起こるような気がしてなりません。しかし、ある意味、日本の政界が大きく動き始めたような感じがしますし、それに関しては一国民として、良い事だと思っております。自民党も、古い体質を改めて、溜まりに溜まった“汚れ”を落として、また国民のために頑張って欲しいと思います。

本当に、一番変わるべきは『国民』かもしれませんけどね。
プロフィール

Yasutomo-Araki

Author:Yasutomo-Araki
現代の閉塞感のある世界がもう少しだけ住みやすくなれば良いなぁ、などと考えております。今の状況の延長線を自分たちの子供たちや孫たちへバトンを渡すのは余りにも無責任だと思っています。大学は工学系卒。国立K大学の経済学研究科大学院修士。博士課程考慮中…。この国の未来への良きシナリオを描きたいと思いトボトボと歩いてるって感じです。ただ最近は、当方の怠慢のせいでtwitterまとめ、或いは「忘備録」化してます…。しかし、同志さんたち大歓迎です。

なおこのブログではアフィリエイトプログラムを利用しておりますが、実際の商品の購入に関しましては、お客さまとリンク先のホームページ管理人とのお取引になります。お取引に関しまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。当該商品等のお問い合わせは、お取引先までご連絡下さい。

みんなのプロフィールSP

人気ブログランキングへ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
F2Cアフィリエイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クロック
最新コメント
Flashリバーシ
時間があれば遊んでいってください
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クリック募金
ワンクリックで救える命がある
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター
メールフォーム
個人的に連絡したい時はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも募集中で~す!

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム