第2の提案…水資源

更に有望なのは『水資源』だった。

ここで、過去形にしたのは、もちろん『福島原発事故』のため。

これは良く知られている事だけれども、

「私たちの地球にはおよそ14億Km3の水があると言われています。
しかしそのうちの約97%が海水であり、淡水は約3%しかありません。
そしてこの淡水の約70%は南・北極地域の氷として存在しており、地下水を含め、川の水や湖・沼など、私たちが生活に利用できる淡水は地球上の水のわずか0.8%でしかないのです。」
独立行政法人 水資源機構HP より)

そして、地球上の人口は国連の人口推計では、現在68億人、これが2050年には91億人になる。

しかも、BRIC'Sを始めとする躍進国の水需要はうなぎ登りだろう。

地球が養えるであろうとされる人口は「90億人から100億人説」があるが、2050年にはボーダーラインに達する訳だ。

現在、地球上での餓死者、「年間500万人〜1500万人」と言われている、ずいぶんと幅があるが、それだけデータさえ取れない地域で餓死が酷いのだろう。

水も非常に深刻だ。AFP BB NEWSでは『「国連水の日」、乾く地球が求める水不足解決策』と言う記事が2008年03月19日付で掲載されていた。

「…現在、世界で毎年200万人以上が非衛生的な水を原因とする疾病によって亡くなっているが、その大半は子どもたちだ。この悲劇には互いに絡み合った多くの要因がある。世界的な経済成長、人口圧力、巨大都市の出現などはすべて水の使用を驚異的な量に押し上げている。…」

今後、水不足は加速的になるだろう。

同記事では、

「今後数十年で清潔な水を供給する新たな方法が見つからなければ、水の枯渇は大量移民から戦争までさまざまな行動を引き起こす合言葉になりかねない」

とある研究チームが警告を発している事とか、もっと悲惨な状況が報告されている。そしてその解決方法として、

「逆浸透圧を使った新技術」「消毒を通じたバクテリアやウイルス、そのほかの病原体の除去や殺菌」と言った技術が紹介されている。

日本は、水資源に関して、かなり優位であると感じている。もちろん、日本国内でも「深刻な水不足」が問題になっているが、世界的に見て、水資源は豊富な国だと言えるだろう。日本の水資源を含む「環境パフォーマンス指数ランキング」は、153ヶ国中20位。だがこれは、

「米エール大などが世界163カ国を算定。
 環境の健全性、大気汚染、水資源管理、生物の多様性と生息地、
 農林水産業、気候変動等10分野25指標。世界経済会議で公表。
 ※日米英スペイン、ブルネイ、キプロス、ルクセンブルク、ペルー等60カ国は
 仮説の推計が含まれ、順位に注意が必要とした。」

と言うもの。「世界の工場」として稼働(個人的には日本の環境インフラの基本的な考え方には疑問を持っているが…)して来た割にはかなりいい成績だと言えるだろう。しかし、基本的には「日本は自然条件に恵まれているから」だと考えている。

日本は、無駄に捨ててしまっている「水資源」が多いと思う。一つにはこれらの「管理活用」をすれば、もっと多量の水資源を確保出来るだろう。

更に、下水処理によって、日本では再処理(浄水処理)をすれば、浄水として活用できる水資源と、その「インフラ」がある。もちろん、本格的に「飲用可能な水資源」にするには、もう少しの投資は必要になるだろう。

しかし、「逆浸透圧装置」を使って、海水を「淡水化するには、設備コストもさることながら、維持運転費用が非常に高く、貧困国などには水が行き渡らない」可能性が高い。


もう既に、オイルよりも水の方が「高価」な時代なのだ。

これを「活用」し、日本が「水資源大国」を目指さない手は無いと思う。

ただ、実際に「プロジェクト化」するなら、詰めて行かなければならない「課題」はある。


と、ここに来て「福島原発事故」による「資源汚染」が生じてしまった。これは、非常に「広範囲に」資源をゴミに(しかも「処理も出来ないゴミ」)変えてしまった。この影響は「非常に深刻」だ。

しかし、兎も角、それでもまだ「水資源」に関して、日本には希望があると思う。ただ、「製品」については常に「放射能測定モニタリング」を行い、「非検出、或は自然量を超えるモノは、絶対に出荷しない」と言う「基準」をクリアしたものだけを製品とするべきであることは、必ず守らなければならない。

それが「日本製品に対する信用」になるように、徹底的になされるべきだろう。

だが、この「一事」を見ても、それは「製品コスト」に跳ね返って来るわけで、「国際競争力」と言う観点を超えて、非常な問題であることは認識するべきだと思う。

水不足で、更に貧困な国には「水資源」も人道的に支援するべきだと、当然思う。それが、結局は日本と世界のためになるのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasutomo-Araki

Author:Yasutomo-Araki
現代の閉塞感のある世界がもう少しだけ住みやすくなれば良いなぁ、などと考えております。今の状況の延長線を自分たちの子供たちや孫たちへバトンを渡すのは余りにも無責任だと思っています。大学は工学系卒。国立K大学の経済学研究科大学院修士。博士課程考慮中…。この国の未来への良きシナリオを描きたいと思いトボトボと歩いてるって感じです。ただ最近は、当方の怠慢のせいでtwitterまとめ、或いは「忘備録」化してます…。しかし、同志さんたち大歓迎です。

なおこのブログではアフィリエイトプログラムを利用しておりますが、実際の商品の購入に関しましては、お客さまとリンク先のホームページ管理人とのお取引になります。お取引に関しまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。当該商品等のお問い合わせは、お取引先までご連絡下さい。

みんなのプロフィールSP

人気ブログランキングへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
F2Cアフィリエイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クロック
最新コメント
Flashリバーシ
時間があれば遊んでいってください
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クリック募金
ワンクリックで救える命がある
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター
メールフォーム
個人的に連絡したい時はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも募集中で~す!

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム