『日本』この奇妙な国

今回は、いきなり“奇妙な”タイトルですけど、それにどこから話せば良いのか解らないですが、皆さんは、この国が『奇妙』に感じられたことはないでしょうか?
ただ、『奇妙』と言ってしまえば、日本に限らず、どこの国でもどこか『奇妙』なところがあるとは思います。
この国の奇妙さは、
『国民を不幸にする奇妙なシステムがしっかりと構築されており、しかも尚且つ、市民・国民が(知ってか知らずか)それを“支持”している(いた?)』
ところです。
それは「諦め」なのかも知れませんし、「怠惰」なのかも知れませんし、或いは
「自分だけは別」
と考えているのかも知れません。
また、或いは歴史的に創り上げられてこられたからなのかも知れません。
日本人は『極端から極端へ揺れる国民性』と誰かが言っていました。
或いは、やはり心の何処かに“マトモ”な部分が残っていて、それが『普通』を求めているのかも知れません。しかし、現実には得る事が出来ない。だから、その“エネルギー”が貯まってきて『極端』からもう一方の『極端』に走るしか無いのかも知れません。
謂わば『究極の選択として両極端を揺れ動き続けてきている』のかも知れません。

例えば、最近の例で言えば、


千葉県不正経理30億円…森健知事が9日会見

千葉県は7日、職員らが事務用品の架空発注などを繰り返し、2007年度までの5年間に約30億円の不正経理を行っていたことを明らかにした。森田健作知事が9日に記者会見し、詳細を公表する。

 このうち、本来は業務に必要のない物品の購入など、職員が個人的に流用した疑いのある「使途不明金」は約1億1千万円。取引先の業者の口座に公金をプールする裏金づくりも確認され、不正経理は県庁の約400ある部署のほぼすべてで行われていた。

 千葉県の佐藤忠信総務部行政改革監は「ここまでひどいとは思わなかった。組織的と言われても否定できない」と話している。県は年内にも不正経理にかかわった職員について刑事告訴を含め、処分する方針。

 自治体の大規模な不正としては、岐阜県で06年、約17億円の裏金づくりが確認されたほか、愛知県でも今年2月、総額14億9千万円の不正経理が明らかになった。

 千葉県総務課によると不正経理の手口は、偽の支払伝票を作成して事務用品の架空発注を繰り返す「預け」や、契約したものとは違う物品を納入させる「差し替え」など。不正経理が行われた理由について「業者に金を預けておけば、次に物品を購入する際に伝票を作成する手間が省け、事務作業が少なくなるため」と説明している。

 千葉県では、昨年秋に全国で補助金の不正使用が明らかになったのを受け、県土整備部と農林水産部で調査を開始。今年2月以降、公金の詐欺容疑で職員が逮捕されたのを受け、全庁調査に切り替えていた。

2009年09月07日

の報道。

「またか」
と思いましたか?
「何処でもやってるだろうな」
と思いましたか?
「また公務員か」
と思いましたか?
「でも、民間でもやってる所はやってるよな」
と思いましたか?
森田知事の謝罪が本物に見えましたか?
森田知事はこの『構造を本当に変革できる』と思いましたか?

この『裏金作りの“ビジネス・モデル”は国家官僚の手法』ですよね。
彼ら“官僚”は同期の一人がトップ・ポストである“事務次官”になると、全員が退官します。彼らは『この国のエリート中のエリート』だと思って居るので“天下り”します。確かに、この国の経済力が弱く、国際競争力の無い“企業”ばかりだった頃なら、その遣り方は『ある程度、機能』していたと思います。しかし、もうそれはとっくに不要になったシステムです。しかし、これが未だに生き残っています。
しかも、出身官庁が“特殊法人”を作り、また『関連機関や企業に』、飴とムチで押し付けます。“飴”とは補助金であり、企業への巨額の“事業発注”。“ムチ”は“許認可権”です。
彼らは、いきなり“天下り先のトップや役員”となり、大変な『高給取り』になります。しかし、正直な所、仕事らしい仕事は殆どしていないと思います。
飲み屋で、それを自慢する“元高級官僚”も居るようです。

はっきり言って、彼らが『介入』すると、経費が倍になり、民間だけで行うよりも倍の価格になります。それらを負担するのは、もちろん市民・国民であり、原資はもちろん『税金』です。
ただ、市民・国民だけが悪い訳ではないですよね。この“システム”を支えているのは、永田町の議員さんやマスコミでもあります。特に、マスコミは『記者クラブ』制が良くないですね。でも『記者クラブ』に入っていないと「お役所からのニュース」が貰えなくなり、喰いっぱぐれてしまいます。しかも、マスコミの収入源の“企業”はもちろん、『発注業務(カネ)』と『許認可権』で、お役所に逆らう事は不可能に近いですね。
でも、それでも、本当に、その“堅牢なシステム”を変えようと思うのであれば、変える事が出来ます。
それは『選挙権』と言う、最大の“権力”です。ただ、この“権力”は、有権者に細分化して与えられて居ますから、その“権力”を纏めなければ“権力”にならないですね。さらに、この“権力”はいつでも行使出来るものでは無いですね。しかも、「出馬する候補者が、そんな“意志”も“能力”も無ければ」何の意味も無い“権力”とも言えますね。

しかし、それを良い事に、国家官僚は『自分達に都合の良いシステムを構築・運営』し、それを突き崩そうとする者は『許さない』ですね。“五月蝿い奴を黙らせる方法”なんて幾らでも有りますからね。

話題の『霞ヶ関埋蔵金』は、この手法で“特殊法人”や“発注企業”に溜め込んだ“税金”ですね。その額は、色々な数字が言われて居ますけど、わたしは数百兆円は有ると思っています。

この『官僚製ビジネス・モデル』を真似しているのが、都道府県そして政令指定都市。さらには一般市町村ですね。まあ、『許認可権』の大きさと、『財政規模』の大きさが関係してきますからね。

一般市町村ではそんな“権限”が無いから出来ないのでは? と思われるかも知れませんが“許認可権”が無ければ『財政(お金)』がありますからね。しかも、一般市町村と言えども国からの『補助金』があって、これは都道府県が間に入って“調整”しますからね。いわば“ヒモ付き事業”です。その関係で、都道府県は国の役人が管理職として入ってきていますし、市町村は都道府県の役人が同様に入ってきていますから、『同じ穴の狢』ですね。しかも、都道府県会議員、市町村会議員もやはり、国政政党がほぼ牛耳っていますからね。いや、むしろ地方の方が『ねじれ現象』で、国政の与党と野党が相乗りで“首長”を担ぎ上げていたりしますから、尚、性質が悪いかも知れません。

で、今回、選挙民の(純粋な)選択として『民主党』が与党となり、政権を担当する事になりました。市民・国民は、さすがにここまで経済的に追い詰められると、また『小泉政権への期待が裏切られると』(わたしは『小泉政権』の改革を全て否定はしません。ただ、中途半端すぎたと思っています。“三位一体の改革”は絶対にブレずにやって欲しかったですけど、結局は、米国の言いなり、官僚の焼け太りで終ってしまったのが残念です)、市民・国民は“大きく揺れて”『民主党』を選択したのだと思っています。

ところで『民主党』。
「これで日本は変わる」
と考えて居る人は殆ど居ないと思います。むしろ、『自民党』よりも“政策の考え方の幅が広すぎて”纏めるのが難しいと思って居ます。
こう言う場合は『強権で引っ張る』か『纏まり無くズルズルとやるか』になるのではないかと考えています。余程上手く纏めて行かなければ『短命政権』になるような気がしています。さらに社民党と国民新党と連立を組むようですけど、これも余計に政策の一本化が難しくなるような気がしています。今回の目玉の『国家戦略局』ですが、ここで民主党の戦略を立てるようですけど、政権の中心と位置付けられている『国家戦略局』には「社民党と国民新党は入れない」そうですけど、それなら連立しない方が良いのではと思ってしまいます。国会運営とかを考えて、連立はすれどもインナー・サークルには入れないでは、両党は納得しないでしょうね。ただ“政権”という“餌”がぶら下がっていますけど、ポリシー無しに喰らいついてろくな事がなかったのではないでしょうか(社民党=旧社会党さん)。

ところで、注目の『地方分権』ですけど、「道州制が良い」とか、色々と言ってますけど、わたしは、
「今のままで地方分権しても、腐敗が広がるだけ」
と信じて居ます。そういう意味では『地方分権反対論者』です。ただ、今の『中央集権』が良いのかと言われると、それも違う(腐敗が集中的に現れ、それが飛び火して地方も腐敗している)。まず、考えるべきは、『権力は絶対腐敗する。絶対権力は絶対腐敗する』と言うジョン・アクトン卿の言葉をかみ締めて、権力バランス構造をより腐敗しにくいものに変え、モラルを回復し、公金の不正行使者への罰則を強化し、『記者クラブ』制は廃止し(これでは何時まで経っても『大本営発表』から一歩も出る事が出来ない)、ジャーナリズムが正常に機能するように(もちろん、ジャーナリズムの倫理規定も厳しくする)する事が先決問題だと思います。

それが達成されなければ、『中央集権』だろうと『地方分権』だろうと、どちらも“腐敗”の温床になるだけだと思います。

本当は、まだまだ「変だな」と思う事は多いのですけど(国家安全保障についてとか)、今回はこの辺で。
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

私は自分の存在自体が『変』だと思っているんですが…(笑)

Re:変

BOSSさんへ
確かに、わたしも自分が絶対正しいなんて考えは無いです。
そして、どこか『変』な部分があると思っています。

でも、彼らは『自分達で決めた規則』を破ったり、抜け穴を用意しておいたりして居ますね。

そして、場合によっては、『自分達で作った規則(法)』で、御用になったりもしています(でもそれは、恐らく権力闘争の中で、“内部告発”(と言う事は、マスコミにリークしてしまって、収められない状態になったか、インナー・サークル事態がOKした場合ですね)。

今回は“日本社会”を一面から斬ってみたので、この切り口から色々解る事があると思って書いてみました^^

No title

こんにちは!
こちらでも、民主党圧勝のニュースは話題になっています。
「日本人は変革を望んでいる」
というように理解されています。
でも、民主党の政策にかんじる
「本当にそれで出来るの?」
という日本人の不安まではつたえられていません。
「日本人みんながこの政権交代を喜んでいるのでしょ」
といわれたこともあります。
誰がどういう形でこのような伝え方をしているのか、最近感じた
「変なこと」
です。

Re:No title

Muuさんへ
外国の人たちから観れば、
「日本人は変革を望んでいる」
って、考えますよね、普通。
でも、日本人って、“論理性”が抜け落ちている(「あいまいな日本のわたし」ですね)ような気がしてなりません^^
日本の政界って、多分、外国の(欧米のですかね)人たちから観れば、『変な世界』ですよね。
普通は、例えば『大きな政府』か『小さな政府』かって設問がまず来ると思うのですけど。
日本の政党は色んな考え方の人たちが(或いは深く考えて居ない人たちが)ごちゃ混ぜになっています。
だから、基本的には『自民党政治』も『民主党政治』も殆ど同じようなものだと思っています。
ただ、ようやく「淀みが流れ始めた」って感じでしょうか。
国民も「このまま淀ませ続けるのは良くない。一度、違う流れを引いてみた方が良いのではないか」位の意識だと思いますよ。
そして、むしろ“民主党”の方が“自民党”よりも左右に長く伸びた政策や思想の持ち主たちの集団です。
だから、日本の政治を他所の国の方に説明するのは難しいような気がします。
わたしとしては、これを機会に“政策・政治思想”の近い集団の『政党』に再編されれば、もう少し日本の政治も解り易くなるのにな~ と思っています。
日本はどちらに転んでも『大きな政府』ですね(なにしろ旧ソ連が、『世界で最も成功した社会主義の教科書』として調査・研究しに来た位ですからね)。しかもその大きなのが腐っている。まあ、淀みが流れ始めたので、少しは“澄んで”くれるのを(微かに)期待しつつ、今後の政権の動きをヴォッチしたいです。

でも

人類が生まれ変わらない限りこの世に悪ははびこる一方ですよ。
政治家や官僚にもリセットボタンがあればよいのになあ…。

Re:でも

BOSSさんへ
そうですよね。

>人類が生まれ変わらない限りこの世に悪ははびこる一方

ですよ。

わたしは、昔は、「人間はそこまで愚かではないのだから、少しずつでも住み良い世界を築いて行ける筈だ。そうなら、わたしも微力ながら協力させてもらおう」
なんて、真剣に考えてましたけど、“人間って思っていた以上に愚か”でした。

これが人間の“業”なのでしょうね。

人間が人間を超えた存在にならない限り、人類は『愚かな歴史』を繰り返すのだと思って居ます。ほんの微かな“希望”は持ち続けたいですけどね。現実は現実ですから。

とりあえず

最近は同族(人間)を食べなくなっただけでも進歩と考えましょう。
同族の肉はこの世で一番美味しいらしいですよ…。

あ~怖い!

Re:とりあえず

BOSSさんへ
う~ん。
いきなり“カニバリズム”ですか!!

まあ、同属の肉は食べなくなりましたけど、

『他人の不幸は蜜の味』

なんて言ってる“人類”は、ある意味別の形で“攻撃性”を発散していますね。

一時、社会問題にもなった『いじめ』も、そう言う『人間の根源的な野生』の部分から来ているような気もします。
プロフィール

Yasutomo-Araki

Author:Yasutomo-Araki
現代の閉塞感のある世界がもう少しだけ住みやすくなれば良いなぁ、などと考えております。今の状況の延長線を自分たちの子供たちや孫たちへバトンを渡すのは余りにも無責任だと思っています。大学は工学系卒。国立K大学の経済学研究科大学院修士。博士課程考慮中…。この国の未来への良きシナリオを描きたいと思いトボトボと歩いてるって感じです。ただ最近は、当方の怠慢のせいでtwitterまとめ、或いは「忘備録」化してます…。しかし、同志さんたち大歓迎です。

なおこのブログではアフィリエイトプログラムを利用しておりますが、実際の商品の購入に関しましては、お客さまとリンク先のホームページ管理人とのお取引になります。お取引に関しまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。当該商品等のお問い合わせは、お取引先までご連絡下さい。

みんなのプロフィールSP

人気ブログランキングへ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
F2Cアフィリエイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クロック
最新コメント
Flashリバーシ
時間があれば遊んでいってください
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クリック募金
ワンクリックで救える命がある
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター
メールフォーム
個人的に連絡したい時はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも募集中で~す!

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム