「大学院」と「現実」-その狭間で「人間不信」が頭をもたげる

さて、ようやく一山目の「発表」が終わり、なんか気が抜けたような状態になってしまいました。

兎に角「キツ」かった。

何も知らないモノだから、「マクロ経済」の中心課題、「景気循環(変動)と経済成長」を選んでしまった!!

気が付いた(お勉強し始めて)時には、もう「後のまつり」だった。

ただひたすら、懸命にお勉強した。

しかし、この「プレゼンテーション」って手法、発表の練習と言う意味合いでは、意味がある…でも、本当に「お勉強」と言う面から言うと、一長一短だと感じている。確かに、数多の専門書に当たり、纏めて行く過程で、色々と気が付くのは確か。でも、「資料作成作業」がかなり大変な「作業量」。だから、期間が1月程度の準備期間では、教科書を深く読み込む事ができない。学習が進めば進むほど「疑問」が増えてくる。一つ解ると、二つや三つは「疑問」が出てくる。でも、そんな所まで「理解」しようとしてたら、とてもじゃないけど「プレゼン」は出来ない。

本当に、どんな「お勉強」でもだけど、やればやる程、「遠ざかって行く」感じがする。初心者の方が、何でもだけど(「知らぬが仏」なのかもしれないけど)「近く、解っている気が」する。

今のわたしにとっては「どんどん経済学が遠ざかって行く」感覚に襲われ続けている…のが現状。

確かに、専門的には昔の自分よりも理解してるのだろうけど、感覚としては「とてつもなく遠く、とてつもなく深い」感がある。

もう少しすれば「収束」に向かうのだろうか?


さて、もう一つ、本当に実感として感じるのは、

「やはり、何事にも、旬がある」

と言う事。やはり、出来れば20歳代、遅くとも30歳代には始めないと、「モノにならない」。

絶対! とは言えないが、まずモノにならない。

「オジサンのお遊び」では無いのだ。

もちろん、わたしも「お遊び」の積りで始めた訳では無い。

「この国の、経済成長、経済発展、安定…人々の幸福度(効用)を上げるために。また、地域レベルの適切な経済・財政政策」を探りたくて、無理して受験勉強して(一応)、コストと時間をかけて始めたのだから。そして、もう一月程で「前期」が終わる…そこまで頑張ったのだ。

しかし、どこかでも書いたのだけど、色々な行き違い(と言うか、権力闘争?)に間接的に巻き込まれ、また「信頼していた仲介者」が結局は誠実ではなかったようだ(本当に「残念」だ、が、こういう「裏切り」行為に慣れてしまっている「自分」が居る方がもっと怖いかも知れない)。

結局、人間は「表では奇麗事を並べるが、本心はエゴのかたまりでしかない」のだ。


実は、わたしはある時期ものすごく「人間不信」で、「人間嫌い」だっ時期があった。

しかし、生まれつきは「天真爛漫」で「人を信じる」(この「人」と言う部分が大切で、わたしは「人間は動物とは違うのだから、もっと立派な生き物だと思っていた)人だ。

しかし、ある時期、「色々な出来事」もあって、「人間不信」になった(その頃、モリエールの「人間嫌い」とか読んでた記憶がある)。

しかし、その「暗い時期」を超えて、また「人を信じる」事にした。

だが、今、また「やっぱり、それは甘すぎる判断だった」のだと思われてならない。

今度は、二度目だし、それこそ「パワハラ」や「裏切り行為」を余りにも連続して経験してしまった。

だから、悲しいけど、今度はなかなか「人間を信じる」事はできそうにない。

そもそも、「彼ら自身、自分の事が解って居ないのだと思う」

しかし、そんな自身を彼らは「大人」だと言う。

それは、わたしが定義する「大人」とは正反対の定義。だけど、確かにこの国では、そういう人間を「大人」と呼んでいる。

「自らの保身、エゴの為には人を社会的に抹殺しても、眉ひとつ動かさずに居れる」

それをこの国では「大人」と言うのであれば、わたしは、

「この国には、未来はない」

と思う。「大人」とは「たいじん」=「人格的に立派で、人徳がある、文字通り大きな人」だと言うのが、わたしの「大人」の定義。

だけど、もうこの国に、本当の「大人」は居ない。

だから、いかに「良い経済・財政政策」を考え出したとしても、それは「一番肝心な部分が抜け落ちた」モノに変貌してしまうだろう。つまりは「政治的プロパガンダ」に使われるか「自らの手柄にして、自己保身、上昇のツール」とするか…しかし「肝心な“志”を失った、それらの経済・財政政策」は、本来の機能を発揮する事は決してないだろう。

さて、では、わたしも彼らの仲間になるとしましょうか…もちろん、今更「本物」にはなれそうにないので、「革だけ被らせて頂く」事になるでしょうけどね。

でも、この「臭い革」、被ってるだけで「息がつまりそうになる」のですけどね。


あっ、そうだ、また今週も「プレゼン」当たってました。早く「資料」を作って「改善政策案」を考えなければなりません(それが「課題」ですから)。

さて、早速ですね。革を被った以上は「なんちゃって政策」で良いし、まともにやるなら「有効な政策案」はもう思いついてるのですけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasutomo-Araki

Author:Yasutomo-Araki
現代の閉塞感のある世界がもう少しだけ住みやすくなれば良いなぁ、などと考えております。今の状況の延長線を自分たちの子供たちや孫たちへバトンを渡すのは余りにも無責任だと思っています。大学は工学系卒。国立K大学の経済学研究科大学院修士。博士課程考慮中…。この国の未来への良きシナリオを描きたいと思いトボトボと歩いてるって感じです。ただ最近は、当方の怠慢のせいでtwitterまとめ、或いは「忘備録」化してます…。しかし、同志さんたち大歓迎です。

なおこのブログではアフィリエイトプログラムを利用しておりますが、実際の商品の購入に関しましては、お客さまとリンク先のホームページ管理人とのお取引になります。お取引に関しまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。当該商品等のお問い合わせは、お取引先までご連絡下さい。

みんなのプロフィールSP

人気ブログランキングへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
F2Cアフィリエイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クロック
最新コメント
Flashリバーシ
時間があれば遊んでいってください
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クリック募金
ワンクリックで救える命がある
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター
メールフォーム
個人的に連絡したい時はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも募集中で~す!

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム