オゾン層破壊、原因物質……今度は“亜酸化窒素”

地球上の生命を紫外線から守ってくれている、オゾン層の薄膜化、オゾンホールの発生とその巨大化。それらは、われわれ“人類”を含めた『生命体への大いなる脅威』です。

かって、「フロンが原因物質である」
とされ、その使用は国際的に一切禁止。熱交換効率は劣るものの“背に腹は変えられない”という事で現在は“代替フロン”が使用されています。

今度は、その原因物質は“亜酸化窒素”。
こちらの方が「厄介」なようです。


亜酸化窒素が最大のオゾン層破壊物質 米機関が警告

窒素肥料をまいた農地などから発生する亜酸化窒素というガスが、地球のオゾン層を破壊する最大の要因になっているとの試算を米海洋大気局(NOAA)の研究者がまとめた。このまま排出を減らさなければ、オゾン層破壊物質として有名なフロン類を上回る「悪玉」になると警告している。米科学誌サイエンス電子版に論文を発表した。

 論文によると、亜酸化窒素のオゾン層破壊力は、フロン類の代表格であるクロロフルオロカーボン(CFC)の約60分の1にとどまるが、大気中での寿命が100年程度と長く、人為的な排出量が減る見込みもない。フロン類は、モントリオール議定書によるオゾン層保護の国際規制で排出量が大幅に減っており、21世紀全体を見通すと、亜酸化窒素がフロン類以上にオゾン層を破壊すると結論づけた。

 亜酸化窒素は土壌中の微生物が窒素肥料を分解してできるほか、工場の排ガスなどからも出る。天然起源のものもあり、モントリオール議定書の対象外だ。ただ、二酸化炭素の約310倍の温室効果を持ち、京都議定書の規制対象のひとつになっている。排出削減はオゾン層保護だけでなく地球温暖化対策にも役立つと研究者は訴えている。(安田朋起)

(asahi.com 2009年9月6日10時8分 より)


 しかし、“窒素肥料”って言ってしまいますけど、植物の三大栄養素=窒素・リン・カリなんていうのは小中学生でも知っている事ですし、まして『窒素』は『大気の約80%を占める物質』。つまりは何処にでもある物質。この報道の“亜酸化窒素”は『土壌中の微生物が窒素肥料を分解してできる』と書かれていますが、この場合の『窒素肥料』は化学合成した『窒素肥料』の事だと思うのですけど、もしも、化学合成ではない肥料だけを使っていれば、この様な現象は無くなるのか? って考えてしまいます。いずれにせよ、窒素が植物の三大栄養素である限りは、地中に肥料としての窒素分がある訳だし、それが結局は“土壌中の微生物”によって“亜酸化窒素”を作り出す訳だし、結局はそれが大気中に出て行くのは『自然現象』として(合成窒素肥料が作られる以前から)存在しつづけて来た現象なのでは? と思ってしまいます。確かに、必要以上の合成窒素肥料の施肥は、そのような微生物の活動を活発にし、“亜酸化窒素”の大気中の濃度を上げるだろう事は想像されます。

SCIENCEの記事って恐らく、
(http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/sci;1176985v2?maxtoshow=&HITS=10&hits=10&RESULTFORMAT=&fulltext=Nitrous+oxide+NOAA&searchid=1&FIRSTINDEX=0&resourcetype=HWCIT)
の事だと思います。本文は有料なので見ていませんので、何とも言えませんが、当然、化学肥料を施肥されていない“ブランク”との比較データーが有ると思います。そのデーターを見なければ何とも言えないのですけど。亜酸化窒素って、化学肥料が施肥されていなくても当然発生していると思うのですけどね。

土壌中の、植物に必須の栄養素である“窒素”等のバクテリア等による変化については、

『野菜日記』さんの「土壌微生物、堆肥の分解」(http://oisi-yasai.jugem.jp/?eid=177)等に詳しく書かれていますので、そちらを参照して下さい。

まあ、わたしは『植物』や『肥料』についての知識が無い(本等にド素人)ので、あまり突っ込んで言えないですし、確かに『硫黄酸化物(SOX)』や『窒素酸化物(NOX)』は、公害の規制物質になっていますから、確かに良くない物質なのかも知れませんけど、CO2も規制、あれもこれも『地球環境問題』から規制ってやっちゃうと、経済活動は勿論ですけど、下手すると「食料が不足」して、『世界的飢饉』なんて、冗談ではなく“戦争”の火種になっちゃうような気がします。

どうも、『環境問題』と言うと、最近は『ビジネス・モデル』になっているように思えてしまって仕方がありません。『地球環境問題』を掲げられると、誰も反論出来ない『錦の御旗』になってしまっているようで………。その一方で、そんな事お構い無しに地球環境破壊をしているビジネスグループが居るような気がしてなりません。

『亜酸化窒素』は“地球温暖化ガス”としても注意を喚起されているようです。

例えば、独立行政法人 農業環境技術研究所のプレスリリース『農耕地から発生する温室効果ガスである亜酸化窒素の発生量を正しく推定』
(http://www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/press/060421/press060421.html)
等を参照すれば、意外に“窒素肥料”よりも、“発酵鶏糞”などの“施用有機物”の影響の方が遥かに高い事が解ります。このプレスリリースでは
「被覆硝酸肥料を使用すると、亜酸化窒素の発生を最も抑制できる」
と結論付けられています。

これは、わたしの持論ですが、『地球環境問題』に限らず、「全ては包括的に評価するべき」だと思って居ます。例えば、上記の例で言いますと、「被覆硝酸肥料を使用すると、亜酸化窒素の発生を最も抑制できる」と言う結論に関しても、もしもその“被覆硝酸肥料”を作るのに、より多くの『亜酸化窒素』を発生するのであれば、それを含めてトータルで評価するべきと言う事です。

どうも、『見える所では優良』ですが『見えない所で最悪』というパターンは、残念な事ですが“多い”ような気がします。

可能な限り全てをオープンにし、この国をより住み良い国に、そしてこの世界を住み良い所にして、次の世代にバトンを“胸を張って”渡してあげるのが、今、生きている私たちの責務だと思います。ちょっと『風呂敷を大きく広げすぎ』かもしれませんが………。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

滅びよ!

人類って事ですね。
そろそろ地球自体が人類という生物を排除しようとしているのでは無いでしょうか。

有害物質は人類なのだと…。

Re:滅びよ!

BOSSさんへ
ホントホント!
最近、自分の周りだけを見渡して見ても、何か“以前とは違う感じ”が感じられますよね。人間も、自然も。
わたしはクリスチャンではないですけど、なんか“ソドムとゴモラ”の前章みたいな、どうしようもない『種の退廃』みたいなものを感じてしまいます。
腐ってますよ。根本から。
世界中そうなのかは、そこまでは解らないですけどね。

皆、目の前の“現世の宝”への欲望で眼が眩んでしまっているような気がします。この世の幸福は否定しませんけど、“欲望”に振り回されると、人間は秩序も法も何も無くなってしまうようです。

そんなモノは幾ら得ても、死んでしまえば、何も持っていくことが出来ないのにですね。むしろ、執着が大きければ大きいほど、手放す時の“苦”は大きいと思うんですけどね。

私は今この瞬間に滅びてもいいですが、まだお呼びが来ません(笑)

Re:今

BOSSさんへ
人間(と言うか全ての生命)は、『犯した罪の分を償わなければ』本当には救われないようですよ。
日々、生きているだけでも“他の命”を頂いて生きていますからね~
それを返そうとしたら………。
増して『悪業』を日々積み重ねている人は気を付けた方が良いですね。
これは、宗教と言うより『物理法則』です。
なかなか、そんなに“楽”にお迎えは来てくれないですよ。
わたしも、ある部分で“待っている”のですけどね。

No title

こんにちは(^^)。

リンクありがとうございます(^^)。

自分もkouryuuさんの意見に賛成の部分が多いです。

CO2発生が少ないと言われるハイブリッド車が優遇されていますが、ハイブリッド車を1台製造するのにどれくらい多くのCO2が発生しているのかが全く明らかにされていません。
もしかしたら、従来の燃費の良いガソリンエンジンの小型車の方がトータルでは環境に優しかったりして・・・?

物事を一面からしか見ないというのは、本質を見誤るのではないでしょうか。

こんにちは!

Kouryuuさん
あたらしいブログ、おめでとうございます!
お体の具合はいかがですか?
リンク、声をかけてくださり本当にうれしいです。
こちらもリンクさせていただいてもよろしいですか?
またよろしくお付き合いくださいませ!

Re:No title

ジェベリスト777さんへ
そうでしょう?!
例えば“太陽電池”
あれは確かに、完成して屋根に上がっていれば、クリーンに発電しますけど、あれ1平方メートル当たり作るのに、どれだけの化石燃料が使われ、設置し、(ライフサイクルコスト)を考えれば、耐用年数が来て破棄、或いは、太陽電池や蓄電池システムの更新を考えて、その『ライフサイクル期間で発電出来る電力量』との比較をしてみて、初めて「本当にクリーン・エネルギーか否か」を問えると思うんですよね。風力発電しかりですよ。
多分、効率的に“損益分岐点”があると思うのですけど、その『効率』を超えるまでは“クリーン・エネルギー”と呼べないと思いますよ。

ところで、ここで話して良いのか解りませんけど、『転職』を考えられているとか……。わたしも色々と『動いて』居ます。もし、就職ではなく“自営”なら、ひょっとしたら、わたしとコラボ出来るかも知れませんね。

Re:こんにちは!

Muuさんへ
おめでたいかどうかは微妙なんですけどね^^;
兎に角、前の所よりは“フリー”ですよね。
会社で、
「○○がこんな事を書いていた」
とか言われていたようですから^^;

体調はあまり変わりませんが、今、『別の居場所』を探してゴソゴソ動いております(即“転職”では無いかも!? 知れませんけど)。

リンク大歓迎です!!
またMuuさんに色々と教えて貰えることを楽しみにしております。
ことらこそ、本当に、宜しくお願いいたします。

お迎え

そうですね。
この間の交通事故でも死ななかったですからね…。

向こうの世界から嫌われているのかなあ。

No title

kouryuuさんへ

小生のメールアドレスと掲示板のアドレスを入力しておきました(^^)。

自分は自営をめざしています。来年の春に退職して、少ないですが退職金を基に自営業を始める予定です。
色々な業種の方々とコラボレーションさせていただきたいなと思っております(^^)。

とりあえずは、HPの立ち上げが課題です。
手始めに、このFC2で無料HPを立ち上げさせてもらおうと考えております(^^)。

今後ともよろしくお願い申し上げますm(_ _)m。

Re:No title

ジェベリスト777さんへ
今の『不況』の中、しかもかなり“痛んだ”北海道経済の中での起業は、かなり高いハードルだとおもいます。が、一方で、「どんな時代でも伸びる企業は伸びて行く」のも事実です。

ジェベリスト777さんが、どんな“アイデア”で挑戦されるのか、とても興味があります。

わたしは(ちょっと卑怯かも知れませんが)「会社即止め戦略」は取っていません。むしろ今の位置を利用して、人脈を広げておこうと言う作戦です。
もちろん自分の『客観的市場価値』を上げておかなければ、人脈も広がりません。

わたしの個人的な意見ですが、ジェベリスト777さんが、自営を目指されるのであれば『北海道』ならではというモノを、『北海道』という地理的なものを、その『特殊性』を生かした事をするのが良いと思います。

もしも、ジェベリスト777さんのアイデアが、わたしの“人脈”に引っかかれば(わたしはまだ参戦しませんが)、ご紹介もできるかも知れませんね。
プロフィール

Yasutomo-Araki

Author:Yasutomo-Araki
現代の閉塞感のある世界がもう少しだけ住みやすくなれば良いなぁ、などと考えております。今の状況の延長線を自分たちの子供たちや孫たちへバトンを渡すのは余りにも無責任だと思っています。大学は工学系卒。国立K大学の経済学研究科大学院修士。博士課程考慮中…。この国の未来への良きシナリオを描きたいと思いトボトボと歩いてるって感じです。ただ最近は、当方の怠慢のせいでtwitterまとめ、或いは「忘備録」化してます…。しかし、同志さんたち大歓迎です。

なおこのブログではアフィリエイトプログラムを利用しておりますが、実際の商品の購入に関しましては、お客さまとリンク先のホームページ管理人とのお取引になります。お取引に関しまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。当該商品等のお問い合わせは、お取引先までご連絡下さい。

みんなのプロフィールSP

人気ブログランキングへ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
F2Cアフィリエイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クロック
最新コメント
Flashリバーシ
時間があれば遊んでいってください
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クリック募金
ワンクリックで救える命がある
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター
メールフォーム
個人的に連絡したい時はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも募集中で~す!

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム