05/27のツイートまとめ

AraKouryuu

何時頃から「マニフェスト」って「軽くなった」のかなぁ。昔からそう言う傾向はあったかも…だけど…最近、「マニフェスト」って逆さ読みした方が良いんじゃないってくらいだよね。一つも守れていない「被選挙選出者」さんが増えてるような気がする。これも「計量経済学」で分析したら面白いかもね。
05-27 22:13

本当はどうなのか解らないけど、教授陣から割と良く聞かれるのが「アダム・スミスは誤解されている」「ケインズは…」とか「マルクスは…」等々の言葉、ついでに「ダニエル・カールマン」も誤解されてるとこれは書評だけど…でもその「誤解」を「理解」して解いてたら幾ら時間があっても足りないよね。
05-27 22:02

二日連チャンで「飲み会」だった…。さすがにキツイね。昨日は「院生の親睦会」だったから、少し無理しても参加!? まあ色んな人が居るね…どこの“集団”でもそうだろうけど…少しずつ、体調が許す範囲で、人脈を広げていこう…か。
05-27 08:08

スポンサーサイト

05/25のツイートまとめ

AraKouryuu

「財政学」って、実際、「政治経済学」だよね。だから「経済学」は当然だけど「政治学」や「社会学」、「哲学」「倫理学」「心理学」等々の知識が必要って書いたけど、今頃「政治学」や「哲学」や「心理学」の基本文献を漁ってる…こりゃあ、ホントに先が長いなぁ。「数学」もやらないとダメだし…
05-25 17:38

05/23のツイートまとめ

AraKouryuu

「政策形成過程を経済学的に考察してみよう」と言う壮大な「研究テーマ」持ってたけど、これって「経済学」は当然として「政治学」「心理学」「社会学」等々、諸々の深い知識と理解が必要…やっぱり「小さな事からこつこつと…」、特定の事例に焦点を当ててやらないと、幾ら時間があっても不可能だね~
05-23 16:16

05/22のツイートまとめ

AraKouryuu

当然「放射性物質処理コスト」は排出者(この場合は東電)が持つべきだけど、そうすると東電は当然、処理コストを消費者に(も)転嫁しようとする。消費者に選択の余地があれば良いけど、電気って今のところ独占or寡占。だから、消費者は処理コストを負わされる事になる…経済学的にはこうですよね?
05-22 20:08

やっぱ「環境経済学」的視点から見ても、「負の外部性」を持つ「放射性物質を含んだ瓦礫」をコストをかけて「拡散」させるのは納得しがたい。「放射性物質」をコストを掛けて「無害化」出来るのなら良いけど、あれって「超長期的」にしか無害化出来ないでしょ。で、超長期的にはみんな死んでる!?
05-22 20:07

05/21のツイートまとめ

AraKouryuu

幸い(?)うちの大学院、「同業者」も結構多い。「皆、それぞれ悩んでるんだな~」とも思う。一度「声掛け」してみるか…今度また学校が終わった後「親睦会」があるからね。え~い「当たって砕けろ!!」…ってホントに砕けてたりして……
05-21 09:05

と言って、「実体験」はそれはそれで大事だと思っている。それがわたしの「弱み」であると同時に「強み」でもあるのだから。「長~い、フィールドワーク」をして来た訳だからね…でも、本当は「複数個所のフィールドワーク」をすべきだね…現実には「不可能」だけど。同業者の「勉強会」でも作るか!?
05-21 08:56

2か月位、「訳の分からないまま手探り状態」で、「焦点」さえボヤケてしまったような状態で「彷徨って」た。でもようやく「ぼんやりとした方向性が見えてきた」(ような気がする)。今頃「ようやくスタート地点!?」って感じ(少し「実体験と距離を置く」と言う事が解って来たカナ)。先が長いなぁ…
05-21 08:51

大学院の「財政学研究」で、4月末から「混乱状態」になってた。自分の「実体験」が強すぎて、どうしてもそちらに引きずられる。でも「アカデミズムは客観性」の世界だから、もしも「好ましく無い事があるのなら、どう好ましくないのか?どうすればそれを解決できるのか?」を理論立てて立証する場。
05-21 08:40

「金環蝕」を観てた。朝の7時すぎ頃には、なんか辺りが若干薄暗くなったように感じて、買っておいた「ソーラー・グラス」(と言ってもペラペラの紙に黒いセルロイド板が張り付けてあるようなモノ)で観た。もうかなり「蝕されて」た。三日月みたい…真ん中(少しズレ)まで観察…後、少しして終了。
05-21 08:31

修論に迷い彷徨ってた&今日の「金環蝕」

かなり間が空いてしまいました。

実際のところ、はっきり言ってしまうと、

「修論のテーマが非常にあいまいで、どうするべきか悩んでた」

のでありました。で、「授業はあるし」(当たり前)、その「速度」は相変わらずで、やはり「英語の教科書」もかなりキツイ(「英語」って自分は「理系」だったけど、かなりやった…積り。で、昔からだけど「難しい単語」よりも「慣用句」とか、簡単な単語がズラズラと並ぶ所の方が「難しい」ですよね…後、例えばmostとかが、入ってるカ所で「反対の意味」なのか迷うような表現…)

それに、教授方は簡単に「推薦図書」を毎時間(?)数冊挙げられたりするけど、「新書版」の割合読みやすい図書は兎も角、本格的な「専門書」や著名学者さんの「古典的名著」なんて(「訳が古い(悪い?)」せいもあって)そう簡単に読める訳が無い(わたしは…)

それに加えて、「自分が読みたい、応用したいと思ってる専門図書」が山ほどあるし、やっぱり「論文」を書くのなら「先行研究論文」もこなさなければならない…これも「日本語」の論文よりも「英語論文」が多いし、増してや「その他の言語」の論文もある…訳で、「幾ら時間があっても足りない」のが実情。

それに「勉強ばかりやってる」訳では全く無い(一日丸々空く日でも「一日中、お勉強なんかしてたらストレスでパンク」しそうになってしまう)ですよね。やっぱり「息抜き」が大事^^

ところで、ようやくブログ更新してるのは、

「少し、漠然とはしてるけれども、研究の『方向性』だけは、なんとなく解った」(と思ってる)から…

ただ、「本当に、出来るのか」「出来るとしても、どこまでの事ができるのか」はまだまだ全然解っていない(^^ゞ

でも、例えばだけど「情報公開制度」が上手く「機能」していないとする…でしょ。

で、アカデミックでは「なぜ、上手く制度が機能していないのか?」と自問してみる。

色々と「理由が出てくる」でしょ。

まず「情報公開するとマズイ事があるから」ってのが一つの「答え」として出てくる。

でそこで二つの問題に分かれる。

一つは「情報公開制度が今のまま上手く機能していない方が良い」(普通は「ありえん」けどね)

で、もう一つは「やはり情報公開制度はもっと機能するべき」(普通は「そう考える」でしょうね)

でも更に、なぜ「情報公開制度が今のまま上手く機能していない方が良い」って「結論」がでる(可能性がある)のか…と言うと、「情報公開制度をもっと機能させる」ための「方法」と「コスト」を考える。簡単な方法は「罰則:罰金」か「奨励金」だけど、その外にも「何か良い方法はないのか」って考える。

つまりは、上手く機能させるための「インセンティヴ」を考える。

で、それから「情報公開制度が上手く機能」したときの「ベネフィット」を考える。で、極論だけど、それらを分析したときに(数学モデルを作って「解」を求めるのが理想)、「コスト」の方が「ベネフィット」を上回る(普通は考えにくいけど、そういう「結論」が出ないとは言い切れない)場合は、今まで通りの「情報公開制度の運用」の方が好ましい…と言う(受け入れ難いけど)結論になる…かも知れない。

で、普通に考えれば「情報公開制度が上手く機能」した方が「みんな(市民)の厚生が上がる」のなら、そちらを選択する。

で、ここでもう一つ考えなければならないのは「どう言う制度設計をすれば、より効率的(安価で効果がある)な制度になるのか」ってこと。つまりは「制度をより良く機能させる」「制度をより効率的に機能させる」手段はどう言う「手段」なのか? って考える。

これも「数学的モデル」を作って「分析」する。実際にやってみないと解らないけど、「罰則:罰金」か「奨励金」で、「コスト」が変わってくる、あるいは「最終負担者」が誰になるのか…も変わってくるかも知れない。

まぁ、これは「情報公開制度」と言う(あまり、取り上げる「例」としてはいい例ではなかったかも知れない)「例」を取り上げての話だけど…

「基本的」にはそういう事になる。ただ、

「条例違反行為じゃないか!」
(つまりはコストの問題じゃないのではないか)

と言われば、「そうだろう」としか言えない。でも「法」を守らせるには「コスト」が掛るし、反対に言えば「コスト」が掛らない(例えば「違反」を検挙されたときの「罰則金」が、べらぼうに高くて、「違反」をしようと思う「インセンティヴ」を抑え、同時に…それでもヤル奴はヤルから…「守らせる」コストを十分にペイするような)「制度設計」をすれば良いのだ。

但し、これは「非常に単純化したお話」であると理解して欲しい。


ところで、「お話」は変わりますが、皆さん今日の朝の「金環蝕」はご覧になられましたか?

わたしは6時頃から「待ち構え」て、随分前からAm○○onさんから取り寄せて置いた「太陽観察用グラス」(というか固い紙に、真黒なセルロイド板が張り付けてあるようなモノ)で、観察いたしました。

辺りが少し陰って(丁度、太陽が雲間に入った程度)に薄暗くなった午前7時20分くらいに、「観察グラス」で観てみると(この時、太陽さんは本当に「雲間」に入ってたので「観察できるのかな~」とか思ったのですけど、さすが「太陽さん」、雲も関係なく)ちゃんと「観察」できました。

最初、観た時、「細い三日月状」だったけど、兆度「真ん中…少しズレてたけど」に入る所を「観察」しました。それから「もう少しだけ観察」して、反対側の「三日月」状になる所まで観てました。

「観察グラス」を使ってコンデジで撮影したけど、倍率一杯上げても「ホントに小さく」しか写りません。それをさらにPCで拡大処理したのが下の写真…やっぱり、天体観測用の特別な機材が無いとキレイに撮る事は出来ないようです。コンデジではこれが精一杯でした。

金環蝕


「金環蝕」って、○十年生きてきて(多分、何回かはあったのだろうけど)始めて「観察」しました。

いやいや、この「金環蝕」に限らずですが、学校の「お勉強」も「やればやる程、えっ、わたしって(自分では随分「お勉強」してきた積りなのに)、こんな事も知らなかったんだ」…と「自分の無知ぶりを再認識」する毎日です。

「一生、お勉強なんだなぁ」

と思うと同時に、「一生、お勉強し続けても、殆ど『無知』のまま、あっちの世界へ行くんだなぁ」と思いつつ、それでも「生きてる限りは、続けるだろう」とも思うのでした…で、少しでもそれが「誰かのために役に立つのならば、それは即、自分の喜びになる」と思うのでありました。

05/16のツイートまとめ

AraKouryuu

結局「卵が先か鶏が先か」で「社会的排除」は(一般的な意味での)「モラル」の崩壊が先か「経済的格差」が先か…って話なんだろうな。「人間の信頼関係・公平なルール」に「鈍感」、或いは意識的にせよ違うにせよそれを「破壊」するから「貧困」を内包する「社会的排除」が生じる…社会崩壊の始まり?
05-16 23:31

05/15のツイートまとめ

AraKouryuu

「社会的包摂」と「社会的排除」…これもまた海外が「先に社会問題として取り上げて研究されている」分野。日本は最近になって(?)緊急課題化されてきた。それだけ日本社会は「ゆるい」のか、或いは「鈍感」なのか…最初の「提言」(声)って「上げにくい社会」なのか…現実はかなり進行してるよね。
05-15 10:51

05/14のツイートまとめ

AraKouryuu

だから前から言ってるように、日本も就職難だから、ハーバードみたいに学生の「起業支援」をすべきだよね。「雇用創生」にもなるし。ペーパー版で読んだけど、やっぱりザッカーバーグ氏のFacebookの上場(8兆円)が大きかったみたい。http://t.co/nOChbt5d
05-14 10:44

05/13のツイートまとめ

AraKouryuu

昨日の「教授を囲んでの飲み会」。やっぱり「講義中聞きたい聞けなかった事」、教授が“しらふ”だったから聞けなかった…次の作戦は「資料を作っての正面突破作戦」で行くしかないなぁ。
05-13 09:31

05/09のツイートまとめ

AraKouryuu

⑧ ちなみに参考になる報告書が「国立環境研究所」にあるので、80ページ辺りを読んでみる事をお勧めする。http://t.co/UfP65tQH
05-09 21:06

⑦ もしも「関西圏に汚染が広まれば」人気取りどころの騒ぎでは無い事は確実だろう。だから「公共機関」や「利害関係者」が出す「報告書」は当てにしない方が良い。なぜなら「自分たちに都合の悪いデータが出た場合、データ無しとするだろうから」だ。これは役所の常套手法だ。
05-09 21:06

⑥ 被災地で被災者が「瓦礫も財産だから再利用して土木材料にしたい」と言ったのを「これは放射性物質で汚染されてますから」と言って禁じたと聞いている。それをコストをかけて何故、遠く離れた関西圏まで持ってこなければならないのか?「利権がらみ」か「人気取り」と見られても仕方がないだろう。
05-09 21:05

⑤ それに職を辞して「責任を取りました」と言われたとしても「汚染は取り返しがつかない」。それになんで49億円も使って汚染されていない関西圏に持って来なければならないのか…全く理解出来ない。汚染が全国に拡散したら、この国に「安心して住める場所」は無くなるだろう。
05-09 21:04

④ もしも、ゼオライトが放射性セシウムを多量に吸着すれば、「国より厳しい基準」で集めて来ても、それを超える可能性もある。そして、もしも「放射性物質汚染」が基準値を超えたり、海洋に流出した場合「誰が責任を取る」のか?
05-09 21:03

③ ただ「吸着塔」や「吸着装置」を使う訳ではないので、「どう言う影響が出るのかは解らない」けど。例の如く「結論ありき」の手法なので「環境アセス」を出したとしても「安全です」と言う結果しか出てこないだろう。
05-09 21:02

② 今回はモノがモノだから慎重にならざるを得ない。大阪府・市は「北港処分地(夢洲)」を埋め立て処分地にするつもりのよう。国は頼んでおいて、海洋汚染を気にして「放射性セシウム」を吸着するゼオライトを敷き詰める案を提示したみたいだけど、吸着させると言う事は「濃縮」する事でもある。
05-09 21:00

① だから前から言ってるように、基本的に「汚染物質」は拡散してはダメ。大阪府・市は最初から「震災瓦礫受け入れ」に積極的だったけど、これが「普通の瓦礫」なら、ココまで反対はしない(それでもアスベストとか重金属類とか、特別管理産業廃棄物を含んでたら反対するけど)。
05-09 21:00

05/08のツイートまとめ

AraKouryuu

⑤ 日本は思ってるよりも「内需型」だから、国民を富ませれば需要は喚起できると思うんだけどね。日本社会に漠然とした(?)「将来不安」が蔓延してる限り「国民の財布の紐」は固くならざるを得ないし、「色んな援助金」を出しても財政の借金が増えるだけで「効果」は「支出分の効果」だけじゃない?
05-08 10:26

④ それには「雇用の年齢制限」を違法とする位の立法と、「最低賃金」「同一労働同一賃金」は最低限必要な気がする。日本は「民間」や「労働組合」が「官僚化」してるから「生産性」を上げるのは「今の社会環境」だと難しいと思う(「自分さえ良ければ」発想は同じ舟に乗ってる事を忘れてると思う)。
05-08 10:22

③ 今やると、思ったような税収は上げられないし(下手したら5%にした時みたいに減収になるかも)、景気は益々悪くなる…と思う。景気回復は「遠回り」と思うけど「社会構造を変える」必要があるんじゃないかなぁ。それは、中間層(昔みたいに)を増やす事だと思うけどね。
05-08 10:18

② 「じゃぁ、何時なの?」と言われると、これも難問。「景気が回復したら…」としか言えないけど、今の状態では「何時の事やら…」ってのも思う。それと、消費税は逆進性が高いから、直接税の増税の方が良いのではないかなぁ…まぁ、やるのならだけど。
05-08 10:16

① 以下全くの私見だけど…税の増税、増税反対でもめてるけど、「増税なき財政再建」は経済成長率が年率で4~5%がず~っと続かないと無理だから、いずれは増税せざるを得ないでしょう。ただ、確かにそれは今では無いと言うのはエコノミストなら大抵の人は同意すると思う。
05-08 10:15

05/06のツイートまとめ

AraKouryuu

ちょっと「息抜き」しないと、頭も身体ももたないの(もう殆ど「病気」に近いな)で、少し気晴らしに、近所を散歩でもしようっと。その前に、まず「本屋さん」でも覗いてみよう。
05-06 13:29

05/01のツイートまとめ

AraKouryuu

⑦ 確かに「信頼できる人」が少なすぎるから…こういう「負のスパイラル」で、この国は「劣化し続ける」のだろうな~ って。でも、もう「秒読み」かも知れない。1年説、3年説、8年説…少なくとも、ここ10年で「結果」は出ると思う…今の状態なら…
05-01 21:14

⑥ かれらは、もしも「責任問題」になったら「逃げ」ますよね。確実に「逃げる」と思う。そんな「無責任な、確かに世渡りは上手いのかもしれない人たちの豊かな生活を、食うや食わずで支えてる、お人よしの日本庶民…まぁ、彼らも悪いんですけどね…余りにも知識不足。それに良い仲間を組まないのも。
05-01 21:13

⑤ …(全員ではないですよ)この国の「公金」やそれが「形をかえた財」で「目的」もあやふやな政策に浪費しながら贅沢な生活を送ってる。結局「この国には真っ当な評価基準(哲学)が無い」んですよね。そんな「思考力」もない…或いは「楽だから考えない」。
05-01 21:11

④ 特に「IT関係の大学院で研究してきたような人材を、レンタル・ビデオのアルバイトに使う…」ってどんな感覚してるのかなぁ。一方で、たまたま世渡りが上手くて運が少し良くて、高い地位と高収入のポジションを得た人たちは…と言えば…
05-01 21:09

③ 「経験」や「スキル」はある意味「一国の知的財産」だから、これを使わないで(若者にスキルを教える事が出来るのは、中・高年のかれらでしょう)、無差別に単純作業に従事させる…てのは「本旨」からずれてるんじゃない!? 
05-01 21:03

② まぁ、古典派経済学者なら「低賃金で働きゃ良い」って言うかも知んないけど。でも、「労働ビックバン」が本当に機能するものなら、初期の表の目的「同一労働同一賃金」でも何でもいいんだけど「昔35歳、今25歳?」を超えるとスキルに関係なく「雇用しない」ってのはまず止めるべきだろう。
05-01 21:01

① 日本の労働環境って「労働ビッグバン」とか言って、さも「労働市場が市場調整機能」で「雇用の最適化」をするように聞こえるけど、現実は「労働力の流動費化」だし「産の都合の良い労働力」の調達の場になりさがってしまってるよね(「産」には「産」の都合があるのは解るけど)。
05-01 20:59

②明るい話題が欲しいのに、ドンドン落ち込んでいってしまう。「責任者出て来い!」って言っても出てこないだろうし、なんの「解決」にもならないから、この国のリーダーさんたちに「お願いだから、もう少し現状を把握して真剣に改善策を策定して、実施して下さい」ってお願いしたい。
05-01 12:48

①わたしは「労働経済学」研究してるわけじゃないけど、かなり以前から「ホームレス」「派遣切り」に関心を持ってルポ情報なんかを見てる。このGW中に日本テレビの水島さんや門倉さんの著書を読んでた。きっちりした統計数字が出ない世界なので実態の規模ははっきりしないけど、ココまで来てるんだ!
05-01 12:47

プロフィール

Yasutomo-Araki

Author:Yasutomo-Araki
現代の閉塞感のある世界がもう少しだけ住みやすくなれば良いなぁ、などと考えております。今の状況の延長線を自分たちの子供たちや孫たちへバトンを渡すのは余りにも無責任だと思っています。大学は工学系卒。国立K大学の経済学研究科大学院修士。博士課程考慮中…。この国の未来への良きシナリオを描きたいと思いトボトボと歩いてるって感じです。ただ最近は、当方の怠慢のせいでtwitterまとめ、或いは「忘備録」化してます…。しかし、同志さんたち大歓迎です。

なおこのブログではアフィリエイトプログラムを利用しておりますが、実際の商品の購入に関しましては、お客さまとリンク先のホームページ管理人とのお取引になります。お取引に関しまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。当該商品等のお問い合わせは、お取引先までご連絡下さい。

みんなのプロフィールSP

人気ブログランキングへ

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
F2Cアフィリエイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クロック
最新コメント
Flashリバーシ
時間があれば遊んでいってください
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クリック募金
ワンクリックで救える命がある
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター
メールフォーム
個人的に連絡したい時はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも募集中で~す!

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム