「大学院」と「現実」-その狭間で「人間不信」が頭をもたげる

さて、ようやく一山目の「発表」が終わり、なんか気が抜けたような状態になってしまいました。

兎に角「キツ」かった。

何も知らないモノだから、「マクロ経済」の中心課題、「景気循環(変動)と経済成長」を選んでしまった!!

気が付いた(お勉強し始めて)時には、もう「後のまつり」だった。

ただひたすら、懸命にお勉強した。

しかし、この「プレゼンテーション」って手法、発表の練習と言う意味合いでは、意味がある…でも、本当に「お勉強」と言う面から言うと、一長一短だと感じている。確かに、数多の専門書に当たり、纏めて行く過程で、色々と気が付くのは確か。でも、「資料作成作業」がかなり大変な「作業量」。だから、期間が1月程度の準備期間では、教科書を深く読み込む事ができない。学習が進めば進むほど「疑問」が増えてくる。一つ解ると、二つや三つは「疑問」が出てくる。でも、そんな所まで「理解」しようとしてたら、とてもじゃないけど「プレゼン」は出来ない。

本当に、どんな「お勉強」でもだけど、やればやる程、「遠ざかって行く」感じがする。初心者の方が、何でもだけど(「知らぬが仏」なのかもしれないけど)「近く、解っている気が」する。

今のわたしにとっては「どんどん経済学が遠ざかって行く」感覚に襲われ続けている…のが現状。

確かに、専門的には昔の自分よりも理解してるのだろうけど、感覚としては「とてつもなく遠く、とてつもなく深い」感がある。

もう少しすれば「収束」に向かうのだろうか?


さて、もう一つ、本当に実感として感じるのは、

「やはり、何事にも、旬がある」

と言う事。やはり、出来れば20歳代、遅くとも30歳代には始めないと、「モノにならない」。

絶対! とは言えないが、まずモノにならない。

「オジサンのお遊び」では無いのだ。

もちろん、わたしも「お遊び」の積りで始めた訳では無い。

「この国の、経済成長、経済発展、安定…人々の幸福度(効用)を上げるために。また、地域レベルの適切な経済・財政政策」を探りたくて、無理して受験勉強して(一応)、コストと時間をかけて始めたのだから。そして、もう一月程で「前期」が終わる…そこまで頑張ったのだ。

しかし、どこかでも書いたのだけど、色々な行き違い(と言うか、権力闘争?)に間接的に巻き込まれ、また「信頼していた仲介者」が結局は誠実ではなかったようだ(本当に「残念」だ、が、こういう「裏切り」行為に慣れてしまっている「自分」が居る方がもっと怖いかも知れない)。

結局、人間は「表では奇麗事を並べるが、本心はエゴのかたまりでしかない」のだ。


実は、わたしはある時期ものすごく「人間不信」で、「人間嫌い」だっ時期があった。

しかし、生まれつきは「天真爛漫」で「人を信じる」(この「人」と言う部分が大切で、わたしは「人間は動物とは違うのだから、もっと立派な生き物だと思っていた)人だ。

しかし、ある時期、「色々な出来事」もあって、「人間不信」になった(その頃、モリエールの「人間嫌い」とか読んでた記憶がある)。

しかし、その「暗い時期」を超えて、また「人を信じる」事にした。

だが、今、また「やっぱり、それは甘すぎる判断だった」のだと思われてならない。

今度は、二度目だし、それこそ「パワハラ」や「裏切り行為」を余りにも連続して経験してしまった。

だから、悲しいけど、今度はなかなか「人間を信じる」事はできそうにない。

そもそも、「彼ら自身、自分の事が解って居ないのだと思う」

しかし、そんな自身を彼らは「大人」だと言う。

それは、わたしが定義する「大人」とは正反対の定義。だけど、確かにこの国では、そういう人間を「大人」と呼んでいる。

「自らの保身、エゴの為には人を社会的に抹殺しても、眉ひとつ動かさずに居れる」

それをこの国では「大人」と言うのであれば、わたしは、

「この国には、未来はない」

と思う。「大人」とは「たいじん」=「人格的に立派で、人徳がある、文字通り大きな人」だと言うのが、わたしの「大人」の定義。

だけど、もうこの国に、本当の「大人」は居ない。

だから、いかに「良い経済・財政政策」を考え出したとしても、それは「一番肝心な部分が抜け落ちた」モノに変貌してしまうだろう。つまりは「政治的プロパガンダ」に使われるか「自らの手柄にして、自己保身、上昇のツール」とするか…しかし「肝心な“志”を失った、それらの経済・財政政策」は、本来の機能を発揮する事は決してないだろう。

さて、では、わたしも彼らの仲間になるとしましょうか…もちろん、今更「本物」にはなれそうにないので、「革だけ被らせて頂く」事になるでしょうけどね。

でも、この「臭い革」、被ってるだけで「息がつまりそうになる」のですけどね。


あっ、そうだ、また今週も「プレゼン」当たってました。早く「資料」を作って「改善政策案」を考えなければなりません(それが「課題」ですから)。

さて、早速ですね。革を被った以上は「なんちゃって政策」で良いし、まともにやるなら「有効な政策案」はもう思いついてるのですけどね。
スポンサーサイト

06/27のツイートまとめ

AraKouryuu

この「甘さ」が原因なのかも知れない。だから、これから「そう言う人たちを助けるのはヤメ」にしてみる。一番、困ってるのは(困る事になるのは)一番大切にすべき「自分」なのだから。「自分」を(一番)大切にしない人が、他人さんから「軽く」見られるのは当たり前なのだろう。
06-27 05:56

それは「自分に“人運”が無い」からなのか。しかし、こう何時もだと、やはり自分にも原因があるのだろう。だけど、もっと不思議なのは、「後ろ足で砂をかけていった」人たちが、困るとまた平気で、わたしを頼って来る事。自分なら出来ない。でも、そこにまた「どうにかしてやろう」としている自分が…
06-27 05:51

ボヤキになるけど不思議だ。自分は真面目にやってきたしアイデアも豊富に出て来るし、出来る限り逃げずに誠実にをモットーに生きてきた(つもり)。脇が甘いのは故意。で、必ず「利用だけされて後ろ足で砂をかけられて」来てしまった。脇が甘いのが原因なのか?皆は「腹黒い」人の方が好みなのか?
06-27 05:44

06/26のツイートまとめ

AraKouryuu

しかし、人間関係において、1+1は2では無く、10にも100にもなる事がある。でも、逆もまた真なりで、1-1は0ではなく、-10にもー100にもなる。
06-26 03:47

「それを“他力本願”と言う」と嫁は言う。でも、わたしは「自分は何もせず人の努力に乗っかろう」なんて全く考えていない。独りで出来る事は知れている。最大限の努力をしたとしても…過去、大事を成し遂げた人には必ずと言って良いくらい良きパートナーが居たろう…人それぞれ得手不得手があるのだ。
06-26 03:45

人生において「人との巡り合い」は凄く大切だとしみじみ思う。自分は「その部分において運が最悪」のようだ。一人でも、そして一時的でも「良きパートナー」に巡り会っていたら、自分の人生は全く違っていただろう。でも、ひょっとしたらもうすぐそこに「その人」が居るかも…こうやって終わるのか?
06-26 03:01

今は、「前へ進む」ことも、「後ろへ後退」することも、(「今のところで踏みとどまる」ことも?)困難な状態。これで何度目だろう!今までは「若さと努力とねばり」で乗り越えて(ダメージは相当だけど、どうにか)来たけど。さすがに今回はどうなるか解らない。
06-26 02:45

本当は、「地方経済の活性化」しいては「この国の経済の成長」を考えて、発表し、実行したかった(そのラインで話は進んでいるハズだった)。でも、色んな行き違いでそれがほぼ無くなった。オジサンが大学院でお勉強する目的の七割は消えた…今は、宙ぶらりんだ。また梯子を外されたみたい。
06-26 02:33

「しかし、オジサンが大学院なんか行くのはどうなんだろ」って、最近、毎日のように思う。これだけエライ目して、走り切ったとして、その先には何も無いかも知れない。若者は何かが待っていると思う。自己満足のためになら行く必要なんて無い。オジサンにも何か待ってるのだろうか?
06-26 02:25

やっと、第一関門(一応)突破。まだ、来週に第二関門が…。しかも、周りから攻めてくる敵が、急に強くなってきた。気が抜けない! しかし、それにしても今日は体調が悪かった…よく「持ち堪えた」と思う。
06-26 02:18

06/21のツイートまとめ

AraKouryuu

う~、頭が痛い! ネットで「脳疲労診断」したら「重症脳疲労」で、自分での回復は困難なので「専門医」へ行きましょう…って出た。この状況の中でも、刻々と時間が無くなって行く。「これマジヤベ~」っとか思うけど、そんな事言ってる余裕もない。もう「アンビリカル・ケーブル」は切れてしまった!
06-21 09:35

06/20のツイートまとめ

AraKouryuu

今週と来週、大学院のプレゼンが当たってるので、殆どtwitte出来ないと思う。メッチャキツイ!頭痛い!!
06-20 06:37

06/17のツイートまとめ

AraKouryuu

人間は「無一物」で生まれて「無一物」で去って行く。例外は存在しない。なのに、この世に執着するモノ(金、権力、地位、名誉、財産)を貯め込んで、人は「自分は永遠に生きる」のだと迷い込んでしまう。「もっと大切なもの」を忘れて(忘れようとして)、自らの永遠を夢見る。人間の歴史はその証明。
06-17 22:52

この期に至って「自分さえよければいい」はもう成立しない。本当は元々成立しないのだ。だけど、人間は『権力』(広義の)を得ると、その基本的な事も忘れてしまうようだ。平気で「受けた恩を忘れて、恩を仇返す」ようになる。謙虚さを失う…それは結局は「終わりの始まり」なのに気付かずに。
06-17 22:43

手塚治虫『ガラスの地球を救え』。Buckminster Fuller『宇宙船地球号操縦マニュアル 』…地球は一つの宇宙船。大切なのは命の尊厳。誰も逃れることの出来ないたった一つの閉鎖空間の中で今、重大な事故が起こっている。地球上の生命全てに関わってくる重い問題。誰も逃れられない。
06-17 22:35

06/16のツイートまとめ

AraKouryuu

まった朝まで経済学やってた。もう身が持たん!!何時も「もう辞めよっか」と思いながら、何故かしがみ付いてる。スーパー・カミオカンデのニュートリノのニュースなんか聞くと、「やっぱ、こっちだよなぁ」とか思ってしまう。色々悶えながら続けるのか…皆も「息切れ」し始めてるみたい…
06-16 06:53

大学院経済学研究科入学の『目的』は…

思い返してみれば、K大学の大学院の経済学研究科(社会人枠)を受けようと思いついたのは、実は前年。

その時の『目的』は、本当に、「思いつき行政としか見えない、行政政策に、『本物の経済学』と言う指針を示したかった」から、そして、それによって「合理的な行政政策を説得力を持って提案できる」と思った」のが、第一の『目的』だった。

でも、結局は、『行政当局』(全てのとは思いませんが)は、更に言えば、首長さんは「そんな事は望んでいない」と思い知らされてしまった(まぁ、まだご本人から直接、聞いた訳ではないので、一筋の望みだけは持っておく事にしておこうと思って居る)。

だから、自分の第一の『目的』は、「ほぼ消えた」と思って居る。それまでの自分の「アクション」から考えれば、結構「喪失感」を覚えて居る。

でも、三ヵ月間、頭の中が「経済」で一杯になる位「受験勉強」をして、折角「合格」し、そして、現に今、通っている。しかも、受験勉強の時に増して「経済学」の勉強漬け状態になっている。

大学院の経済学は、自分が思っていたような「生半可」なモノではなかった。学部経済は「経済学」を言葉で説明する部分が多いと思うが、大学院の経済学は、殆ど数学(経済数学)だ。

経済モデルを作り、それを数学で記述・展開して、モデルの分析を行う。そこには無数の変数が関わってくるので、理科系で言えば「複雑系」或いは「多体問題」となる。これらは普通の方法では『解』は出ない。だから、モデルを単純化する(と言っても、数学的記述は難解を極めるのだが…)。

これらの「単純化」は理科系でも行う、物理学でも、複雑になって来れば、当然「単純化」或いは「仮定を単純化」する。それと同じと言えば同じなのだ。が、大きく異なるのは「管理実験」が行えない事だ。

だから、「過去のデータ」「経済史」「統計」などが重要になってくる。またフィールド・ワークを積極的に行う経済学者さんもいらっしゃるようだ。

しかし、今は、まだそんなレベルは遥か彼方である。もう、山ほど買いこんだ「経済学書」を読んで、数式を展開して、

「なんで、急に、こんな関数が突然でてくるんだぁ!」

とか、

「なんで、展開過程を飛ばしてるの!」

とか、言いながら、亀の歩みのように、自分で数式を展開し、中には理解不能のまま状態のモノも出てくる。

他の、山と積まれた「経済学書」にそれが載っていればラッキーだ。だけど、殆どの場合、載っていないか、或いは「違う角度からのモデル分析になってたり」する。


と、話を元に戻して、こんな「経済学書」漬で、「外界の出来事に気を付ける余裕さえ無い」状態で、更に教授からは、

「日本経済のファンダメンタルな現状数字位は、毎日観ておくように」

と言われる。正直「そんな余裕さえない」。それまで、わたしはかなりの野次馬だった。色んな事に興味があって、色んな分野の知識を得る事を楽しんでいた。今は「それどころでは無い」。この状況は「自分の知的レベルの維持」にとっても、あまり良いとは言えない。「能力の柔軟性が失われる」のだ。それは「経済学」学習上も、決して好ましいモノだとは思えない。

或いはオジサンはもう「枯れ始めてる」のかも知れない。

さて、また横道にそれてしまっていた。

わたしの二番目の『目的』は、自分の「アイデア」を形にすること。それは、場合によっては「起業」と言う形を取るのかも知れない。そのための「人脈作り」が、もう一つの『目的』と言う事になる。

しかし、これも現実には厳しい。他の院生と「会話する余裕が無い」のだ。講義と次の講義の間の時間は10分。講義後、教授に質問などしてたら、トイレの時間どころか、移動時間(これがかなり距離があったりする)も足りなくなって、少し遅れたりしてしまう。

それでも、帰りに一緒になった学友と少し話をする事が出来る時がある。

この間、やっとある学友と「一度、帰りに食事会しましょう」約束をした。

こうやって、少しずつ、人脈を広げて行くしかない。

本当は、理系大学院生ともコネを付けたいのだが、遠く離れた学舎、講義は全く別。で、「交流の機会」が(今のところ)全く無い。

「自分のアイデア」を「必要な技術を持った院生」と一緒に、わたしがマネジメントをして、形にする…これが第二の『目的』。

でも、これも「社会貢献」に繋がると思っている。「雇用を作りだす事が出来る」し、ソレを通して「色々な社会貢献」も可能だろう。この国の経済に、僅かながらでも貢献できるかも知れない…。

若年層の失業者が増えていると言う。それを苦にして命を絶つ者も増えていると言う。若者には「可能性」が有る。それに気付けば、少しは彼らに希望を持って貰う事が出来るかも知れない。「失敗」するかも知れない。でも、若者にとっては「失敗」も人生の「肥し」だ。

彼らには、再チャレンジ、再々チャレンジの機会を与えてあげたいし、与えてあげて欲しい。

うちの大学院の学生さんの中にも、「就職が見つからない」人が居る。非常な(社会的)損失だと思う。彼も、とても若い。「若くて能力のある人材」を使わないのは、本当に「社会的損失」、この国の損失だと思う。「(超)長期的に見れば」一層、そうだと思う。

優秀な人材は、生産性が高い。これはこの国の「経済成長」には欠かせない要素なのだ。

06/14のツイートまとめ

AraKouryuu

結局は、東電(と政府)は「つけ」を国民に押しつけるのだ。まあ、これ経済常識ではあるけど、今まで「原発は最もコストの安い発電」ってさんざプロパガンダしておきながら、結局はこの始末。「原発は最もコストの高い発電」なんて事は、昔から十分に解ってた。http://t.co/BqMzC7h
06-14 09:57

06/12のツイートまとめ

AraKouryuu

今日は、この間の交通事故(0:10でこちらは無過失…所謂、信号停止時のオカマ)の件で、両親(同乗者)を連れて「警察署」に出頭しなければならない。もう、この「件」で、何時間も貴重な「時間」を浪費している。死ななかったし、入院もしてないから、ホントにこれが一番イライラする厄介事!
06-12 08:40

しかし、子供たちの方がしっかりと見ているようだ。この間、何のはずみでか、家の子供と話してて、わたしの考え方を語ると、「その考え方自体が高慢だ」と言われてしまった(笑)。しかし「そうなのかも知れないな」と、芯から感じてしまった。全く、どちらが親なのか…と思ってしまった(苦笑)。
06-12 03:59

多分「脇が甘い」のだろう。しかし、それは「故意」にしてきた事でもある。こちらが「誠意」を持って本音でぶつからねば、相手も本音でぶつかって来ないと信じてたから。でも(運悪く?)こちらの本音を「打算」で返して来る人たちばかりだった。所詮は「人々には打算しかない」のだろうか?
06-12 03:49

「人間不信」(或いは「人間嫌い」)になった者が、真剣に「他人様を救おう」と思うだろうか? 自分は、それでも懲りずに「今度こそは…」と思って、惜しみなく協力、努力、アドバイス(自分の能力の範囲で)して来た。しかし、さすがに「もうこれが最後」が五~六回続くと、気力自体が持たない…ね。
06-12 03:41

振り返ると、小学校4年生で「転校」した頃から、自分の周りに「信頼に足る人物」が殆ど居なくなっていた。「人生は出会い」と言うのは本当だと思う。「裏切るより裏切られた方がまし」と言うのは綺麗事だと思う。裏切られ続けるとさすがに「これはマズイな~」と思う。何より人間不信になる。
06-12 03:34

いかん!最近どうも考え方が「マイナス思考」になる。こういう時って「運気」(あまり信じない方だけど現実に好ましくない事が続くとさすがにね…)も下がってるみたい。こんな状態で「明るい日本」「明るい将来」なんて考える事は出来ない。誰か一人でも信頼に足る人間が自分の近くに居れば…と思う。
06-12 03:28

いやはや全く、えらい『章』を発表テーマに選んでしまった!!

「いやはや全く、えらい『章』を発表テーマに選んでしまった!!」

と肌身にしみて感じている。

その『章』を選ぶ人は一人も居なかった。

その頃は、

「今は、お試し期間だし、この講義を選択するかどうかも解らないし…」

なんて、「ご気楽(でもないけど)」に、適当に、空いてた(誰も選ばないので空白だった)『章』を発表する事にした(なんせ、どの『章』が簡単で、どの『章』が難しいなんて…解る訳もないし、増して、もう一つの教授の講義を選択することも可能だったから、「何も考えず」…考えても解らなかったが…選んでた)。

それに、コチラの講義を選択してる新入生の数が少なすぎる! …ってのは、まず気になった。

もうこの時点で、

「これは、かなりキビシイんだろうな」

とは誰でも「察し」が付くところ。

まして、わたしは「体調不良」で、「出席するだけで精いっぱい状態」

本当は「逃げるが勝ち」と思ったりした。

しかし、またまたまたまた、「悪いクセ」が出てしまった。

一つは、「割り振りを与えられた以上は、『責任感』が発生してしまう」この性格。

それと、「逃げるのはイヤだ! というこれまた「何度も痛い目にあってきて懲りない」性格。

う~ん、「馬鹿は死ななきゃ治らない」のかも知れない。

さて、一つ目のは、今から考えれば「それほどの課題でもなかった」と思う。

その「部分」さえ、一応集中的につぎはぎすれば、どうにかなった。

ただ、こんな「発表はン十年振り」だし、「ここまでの広範囲な課題(一章分)を、20分程度で、しかも「発表方法も解らず」「どこまで触れなければならないのかも」「レジュメと想定問題を作るのも初体験」と言うのは。その点において、キツかった。

わたしは、これでも「教職課程をとってて、教育実習にも行った」し、会社では時々「社内講師」もした。専門外の「契約行為」について、専門の部署の事務方の職員に教えさえしてきた。

でも、今回は、全く「要領が解って」無かった(と、言うか)し、今も実は良く解っていない。

で、今度、当たってる『章』のテーマが、悪すぎる。

「景気循環と経済成長」

がそれ。

これは、後から解ったのだけど、実は「マクロ経済学のメインテーマ」と言っても過言ではない。

まあ、実際、

「あらゆる道はローマに通じる」

ではないが、

「あらゆるマクロ経済は、(景気循環&変動)と経済成長に通じる」

と言っても、オーバーではない。

はっきり言えば、この『章』は全ての『章』と関係している。

大体が、学会でも(より進んんだ形だろうが)最も「ホット」なテーマなのではないだろうか?

実際、経済成長だけについて書かれた分厚い専門書もあるし、R・バロー(ハーバード大教授)の教科書なんて、700ページ弱のほぼ全てが、「景気変動&循環と経済成長」を軸にして書かれてるし、ローマー教授の「上級マクロ」もよく読めば、メインテーマとして据えている。

一章完結章(本当はそんな章は無いのだが)なら、どうになるかも知れないが…コイツだけは、どうにもならない。

多分、「お茶を濁して」「教授から突っ込まれて」「訳が解らなくて」…ってな事になるのではないだろうか。

もうこの間から散々な上に「別の発表」「交通事故」「医者」等など、もうただでさえ「テンパッてるのに…」

と思うのだ。

「焦れば焦るほど、何も頭に入って来ない」

事は、十分に解っている。しかし現実は「追い立てられている」感じ。

「こりゃ~、いつドロップ・アウトするか解らんな~」

と思う、と同時に、

「え~い。もうこうなったらヤレる範囲でやるだけ」

後は「野となれ山となれ」という気にもなっている。

結局は、

「人間、出来る範囲しか出来ない」

のだ。

こうなったら、

「たまには、息抜きして遊びに行ってみたりした方が、効率が回復する」

と思ってる。

「遊びに行きますか」

と自分に言う。少し位多く「お勉強」してどうにかなるモノでは無いし。

「よし、もうこうなったら居直ってやる!!」

のだ!!

06/08のツイートまとめ

AraKouryuu

今ほど(心ある)「原子力工学者」と「経済学者」が必要な時はないのではないだろうか? 政治は「経済学者」と言うコンパスを上手に使って、荒れ狂う難局を乗り越える策をさぐるべき…但し「御用学者」は要らない…この国は「経済成長」のトレンドが変わるかも知れない。本物の経済学者の分析が要る。
06-08 00:00

同じ事をやり続ける事が出来る人!?

最近、生活リズムがメチャクチャだ。

気が付いたら、明け方まで「お勉強」してる。

もう完全に「オタク」状態。

「どこかで息抜きをしないと」

と思うけど、この間が「雑用」で埋まってしまう。

やっぱりね、何事にも「時期」(最適期)ってあると感じる。


でも、本当に、こういう状態が続くと「学習効率」が落ちて来る。それも加速度的に。

「良く遊び、良く学べ」

は、精神と肉体と能力の維持には必要だと感じる。

でも、本当に「余裕」が無いから、気が付いたら「経済学」の本を眺めてたりする。

「最近、遊んでないな~」

って、つくづく思う。


これ、ホントに「能力」と言うか「人格」と言うか、バランスが崩れる。

「専門馬鹿」と言うか「ただの馬鹿」になりそう。

頭脳の回転も、色々な学習をしてた時の方が、断然良い。

張り詰め続けるテンションは、頭脳や心身を「鈍化」させるのだ。

何故、バランスの良い教育をしないのだろう?



一つの事ばかり続ける事が出来る者だけが、最高度の教育を受ける事ができるのかも知れない。

でも、それじゃ~「何かが欠けた人間」が出来あがりそうな気がする。


しかしそれにしても最近、

「早発性痴呆になるんじゃないかしらん」

等と思ってしまう。と言うのも、急に良く知っている「言葉や人名」が出てこない事が増えたような気がする。

この間は「アダム・スミス」と「マックス・ヴェーバー」が出てこなかった…重症か!?


多分、心が落ち着いて居ないのだ。

何時も「あせり」と「追い立てられている感」(実際「発表締め切り」に追い立てられています^^;)がある。


学習で、ここまでの「切迫感」は今まで経験した事が無い。

でも「しがみついて」居る自分が居る。

「何でだろう」と我が事ながら思う。


もっと「気楽に」するべきなのだ…と思う(一部の教授は追い立てて来る。そんなに「追い立て」なくても、自分自身「焦り」を感じて追い立てているのに…と思う)。


最近の「眠りのパターン」は、お勉強していて気がついたら数時間寝てたりする。

「わたしの人生、色々な事がありすぎる(それも「あまり愉快では無い」事が)んじゃ無い!?」

等と、感心してみたりする。

まぁ、もっと悲惨な状況の人は、世界中に山ほど居らっしゃるだろうが…


いや、むしろ、傍目からは「なんて恵まれた人」なんて思われているのかも知れない。

しかし、本当の所は、本人にしか解らないのだ。


兎に角、

「行ける所まで行こう!!」

前を見て、一歩づつ進むしか無いのだから。

倒れた時は、そこが「終点」だろう。


暗い空気になってしまったか…

「苦しい時こそ、心だけは明るく保たねばならない」

のだ。困難事ではあるだろうが。

06/07のツイートまとめ

AraKouryuu

「…エコノミストこそが幸福に関する研究の最先端にいるからだ。そして幸福とは経済状態と心理状態の有益な結合から生まれる…」(「ソウルフルな経済学」ダイアン・コイル著より http://amzn.to/lOWa8b 経済学者も暖かいこころを持った人間(が大多数だと思う)。
06-07 23:50

06/06のツイートまとめ

AraKouryuu

⑤そう言いながら最近も「ミスを犯したかも知れない」。はっきりとした「結果」は出ていないケド。でも「目くそ鼻くそ」のレベルだから、どちらでも「それ程変わってない」だろう。以前が酷過ぎたから、改善の可能性だけは残ったから、少しはマシになる可能性は残された。だから、まず「了」としよう。
06-06 03:34

④「今のこの国は」と言ったけど本当は三〇年前からそうだったし、四〇年前もそうだった。多分もっとずっと以前からそうだったのだろう。この社会は一朝一夕に出来あがったモノでは無い。だから声は小さいけど二〇年以上前から自分なりには「警鐘」を鳴らして来たのだ。でも懲りない人ばかりだった。
06-06 03:24

③今のこの国は、そんな社会。まぁ、自分にとって…「運」(ってホントにあるのだろうか?)の良い人なら、或いは、わたしが「良い人と、もう少し出会えてたら」。もう少し「違った反応」が自分の中で起こってるかも知れない。散々、煮え湯を飲まされると「熱ものに懲りてなますを吹く」ものだ。
06-06 03:13

②でも、未だに「反吐を吐きながら」何故か「抵抗」(或いは「反抗」)している自分が居る。色々な「アイデア」も出てくる。「裏切るより裏切られた方が良い」とか言うけど、ここまで裏切られ続けると「もう満腹」。「代替エネルギー案」もその他のアイデアもギブ&ギブの連鎖の中では素直に出せない。
06-06 03:05

①今まで、散々、微力ながら「アイデアを出し」「努力し」「社会環境の改善」に自分として「努力」して来た。でも、その見返りは何時も「出る杭」扱いで潰されてきた。「人との出会いが悪かった(運)」と言ってしまえば、そうなのかも知れない。でも現実に、もう身体も心も限界に近い。
06-06 02:57

最近の「煩わしさ」は何なんだろう!

学校に通い始めて3か月目に突入しました。

最初の頃、割と簡単だった科目も、軒並み、急激に難易度がアップ!

もう、「アップ、アップ」状態。

空き時間、殆どを「お勉強」の時間にしても、ついて行くのがギリギリです。

予習、復習はしておかないと、全くの「チンプンカンプン」になりそう。

しかも、「発表」が二つに増えてしまった。

発表時間は短いけど、その準備が大概ではない。

全く時間が足らない(ノω・、) ウゥ・・・

しかも、この間から日常の雑用が増えている上に、

「交通事故」に遭ってしまった。

こちらは交差点で完全停車中だったので、責任の割合は10:0。

で、こちらには全く「過失」は無い。

でも、それに伴って、生じる「雑用」は、相手(ヤッた方)は保険屋さんがやってるけど、わたしのほうの保険屋さんは、

「0:10の場合は、関与しません」

と言う事で、自分でやらなくてはならない。

そして、最初の「精神的ショック」が和らいだ頃―2週間も経った頃か―から、身体の痛みが出てきた。

「むち打ち」までは行かないのだろうけど、前と後ろの首筋、背中、がちょっとした動きの時に痛みがある。

それと、昨日は、背骨の一点が特に痛かった。

「後から出る」

とは聞いていたけど、2週間もしてから痛みが増してくるとは思いもしなかった。

こんな中で、異様に増えた「雑用」と、「事故処理」をしなければならない( ・∀・)つ<<《愚痴愚痴愚痴愚痴愚…

学校の講義に追い付くだけで「テンパッテ」いるので、もう煩わしいったらありゃしない…って感じ。

なんか、「頭の回転」が非常に鈍ってる気がする。

時間が無いので、色々な事が出来ないのがその原因のような気がする…時間があれば、経済のお勉強をしている。

「こんなんで、続ける事が出来るのかな~」

と、本当に思う。

そう言えば、最近、登校してくる院生の数が減って来てる。

でも、一回でも抜けると、理解出来なくなる恐れがある…と感じるのだが。

ところで、この間の、「謎の学友」。

「金融関係」に勤めてると、聞き出した。

でも、「金融機関」と言っても、日銀や政策銀行等の、政府系金融機関もあれば、民間の金融機関もある。

今度、学期の終わりの頃にでも「食事会(飲み会?)」をする約束をした。

その時、色々な話が聞けると思う。

06/04のツイートまとめ

AraKouryuu

「原発に代わるCO2も考慮したエネルギー代替案」、自分の中では温めている。ただ、まずは「実験プラント」を作らなければならないし、専門家グループで乗り越えるべきだろう問題点が出てくると思う。でも、このアイデアは個人的には起業に使いたいアイデア。投資家さんが居れば…と言う事で…
06-04 02:46

これも橋下知事の話題。橋下知事、福井県敦賀市の河瀬一治市長から、「原発代替案」を期限付き文書で提出を求められたみたい。http://bit.ly/jG2UI8 でも反対に福井県市長に「現在進行形の人類史最大の原発事故対策について」(同時でも良いから)文書で貰えば良いのにと思う。
06-04 02:36

橋下知事の「君が代条例」の強行採決は少し考えものだと思う。愛国心は国への信頼から自然に発生するべき。確かに学校の式典で、先生方がバラバラなのは見苦しい。でも強制してもそれは心が伴っていない。ちなみに、わたしは少し右よりと言われる。「君が代」は当然自主的に敬意を持って歌うべき派。
06-04 02:25

06/03のツイートまとめ

AraKouryuu

(毒)保険屋:確率計算を元にして「必ず儲かる」システムを持っているバクチの胴元。但したまに(或いは最近は)予想確率外の事態が起き大損を出したりしている人たち。常日頃から勧誘には積極的だが、いざ「支払い」と言う事態になれば、一転態度を変えると言う習性を持つ。免責事項の多さも特徴。
06-03 17:15

06/02のツイートまとめ

AraKouryuu

どの業界の人間でも有名になって箔が付くと庶民を見下して歯牙にもかけない人が多い。そんな人でも「窮地」に追い込まれると今まで歯牙にもかけなかった人たちに支援・応援を訴える。どんな精神構造がそれを可能にさせるのか…こんな人たちには庶民も餌で釣られないこと。そんな餌、始めから無いのだ。
06-02 10:45

今まで、何人かの政治家さんと濃い薄いはあるけど、付き合って来て、つくづく思うけど、選挙前は異常な程「誠意」があった政治家さんも、99%、当選後は誠意が消え去る。現在のこの国で本当に必要とされているのは、一貫して「誠意」のある政治家。自分の事だけしか考えていない政治家は必要無い。
06-02 10:31

管さんのG8での「国際公約」はどうなるのでしょうか?RT@matsubara_s ③参院で与党少数なので、多数派工作が必要。「誰を相手に、何を妥協するのか」。この戦略、戦術が菅内閣にはなかった。菅内閣の震災対応の法律は、国会で成立する見込みが、しょせんなかったのだ。
06-02 10:17

06/01のツイートまとめ

AraKouryuu

今「景気変動と経済成長」についてお勉強中。景気変動はビジネス・サイクル、経済成長はトレンドと別扱いで論じられたりしてるけど、(超)長期で見た場合、ビジネス・サイクルがトレンドの変化に移行する場合がある。例えばアルゼンチン。日本の最近の景気変動は経済成長の変化に移行しそうで心配。
06-01 14:39

05/31のツイートまとめ

AraKouryuu

午前中いっぱい病院のはしごして来た。疲れた(´ДÅ)ょゎょゎ
05-31 12:30

プロフィール

Yasutomo-Araki

Author:Yasutomo-Araki
現代の閉塞感のある世界がもう少しだけ住みやすくなれば良いなぁ、などと考えております。今の状況の延長線を自分たちの子供たちや孫たちへバトンを渡すのは余りにも無責任だと思っています。大学は工学系卒。国立K大学の経済学研究科大学院修士。博士課程考慮中…。この国の未来への良きシナリオを描きたいと思いトボトボと歩いてるって感じです。ただ最近は、当方の怠慢のせいでtwitterまとめ、或いは「忘備録」化してます…。しかし、同志さんたち大歓迎です。

なおこのブログではアフィリエイトプログラムを利用しておりますが、実際の商品の購入に関しましては、お客さまとリンク先のホームページ管理人とのお取引になります。お取引に関しまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。当該商品等のお問い合わせは、お取引先までご連絡下さい。

みんなのプロフィールSP

人気ブログランキングへ

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
F2Cアフィリエイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クロック
最新コメント
Flashリバーシ
時間があれば遊んでいってください
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クリック募金
ワンクリックで救える命がある
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター
メールフォーム
個人的に連絡したい時はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも募集中で~す!

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム