推敲作業継続中………ストレス溜まる

引き続き、小説の推敲作業をしております。
あ~あ、ストレス溜まる!!

推敲して枚数が減ると思っていたら、増えてしまいました^^;
250枚超えです。
しかも、まだ途中。
概ね、応募規定では、
「250枚以内」
てところですから(もっと枚数が多いトコロもありますけどね)
絶対「2回目の推敲」しなくてはならない!!

しかし、今回の「小説」(もどき?)は、「心理描写」とか「風景描写」とか「服装とかのその他細かい描写」を押さえ込んで書いてるのに………。これで、細かい描写なんて入れてたら………。

やっぱり「推敲」は好きになれない。
「完成品」にするには必須の作業だという事はわかるのですけどね。

しかも、体調が思わしく無いのにやっている。
さらに、無理してやっても、初読の2~3行で『没決定!!』
も十二分にある。と言うか200%位あるか………。

にも関わらず、バカみたくやっている。
さすがに250枚になると、推敲作業も半端でなくしんどい。

これを最低、もう一回はヤラなくてはならない。

なんでやってるのか?

自分で「書くと決めたから」
ただそれだけだけど、それだけで十分。
結果は考えない。結果を考えてたらこんな作業は出来ない。

好きな本を読んでる方が余程楽。
でも、そんな「好きな本」たちも、プロがこういう作業をして出来上がっているのですね。
しかも、数千枚なんて作品もありますよね。
プロ作家・著作家さんたちって、改めて『凄い! 尊敬!!』
スポンサーサイト

ただ今『小説』執筆中につき………

この間から『小説』を書いております。
今はこちらの方にエネルギーを取られており、ブログを書いたり、訪問させていただいたりも出来ておりません。
ようやく原稿用紙250枚程度の『第一稿』が書きあがりました。
昨日から、一回目の『推敲作業』に入っております。

かなりの期間『小説』を書いていなかったので、文章力が落ちているのが自分でも自覚されます。
でも、兎に角、仕上げてどこかに応募したいと思っています。
まあ、素人ですから『小説』になっているかどうかも解らないレベルではありますが………。

小説は書くのはそれ程『苦』にはならないのですけど、『推敲』は楽しくないです。
『推敲』が好きな作家さんもいらっしゃるようですけど、あれって『好き』と言うよりも、
「自分の小説の完成度を極限にまで高めて生きたい」
と言う思いなのかも知れませんね。プロの作家さんの中には、原稿を出版社の方に渡す直前まで『推敲』される方もいらっしゃるとか(もっとスゴイ方になると、出版してからも『推敲』されるとか!!)………ホント、『文章の鬼』ですね。

ちなみに、わたしはあまり『小説』を読む方ではなく、どちらかと言えば『ノン・フィクション』を良く読みます。ジャンルは手当たり次第です^^;

小説は、結構海外の文学が好きですね。
中学生の頃から、日本の文学よりは海外の文学の方が好きでしたね。
小中学生の頃は、SFが殆どでした。
アーサー・C・クラーク、スタニスラフ・レム、アイザック・アシモフ、ロバート・A・ハインライン、レイ・ブラッドベリ、短編の名手フレドリック・ブラウン、古典ではH・G・ウエルズにジュール・ウエルヌ等など。

文学では、ドストエフスキー、トルストイ、ツルゲーネフ等のロシア文学も好きです。
で、本当のお気に入りは、J・D・サリンジャーとレイモンド・カーヴァーですかね。

日本文学では、森敦氏、中島敦氏がスゴイと思いましたね。
わたしもご多分に漏れず、太宰治に嵌ってしまった時期がありました。
北杜夫氏、遠藤周作氏の作品も良く読ませて頂きました。

おじさんになってから、司馬遼太郎氏に嵌り(?)まして、殆どの司馬作品は読んだのではないかと思います。

しかし、なんと言っても好きな日本の作家は、W村上ですね。

最初、村上龍氏に嵌りまして、これまた村上龍作品は殆ど読んでいると思います。
彼は、天才タイプの作家さんですね。
ただ、最近は小説らしい小説を書かれていませんね。是非、『書いて欲しい』作家さんです。

ところで、村上春樹氏ですが、『ノルウエーの森』の頃までは、わたし的にはスゴイ作家さんではなかったです。
でも、初期の頃から女性に人気があるそうですね。
わたしが注目しはじめたのは『海辺のカフカ』からです。ですから結構近年ですよね。春樹氏は『海辺のカフカ』で飛躍的に文章が上手くなったと感じさせてくれました。
この頃からですかね、安部公房氏が亡くなった後の、日本人で『ノーベル文学賞』に最も近いと言われ始めたのは。
そして『1Q84』Book1~3ですね。これでさらに春樹氏は文章力を磨かれ、安定しましたね。

村上春樹氏は、秀才タイプのような気がしています。しかしスゴイ『ポテンシャル』を持った作家さんです。
そして、今は春樹氏が龍氏を抜いたと感じております。

また村上龍氏にも本格小説を期待したいです。
村上春樹氏は、さらに飛躍されるのか、どこまで飛躍されるのか、と言う楽しみを持たせてくれます。
プロフィール

Yasutomo-Araki

Author:Yasutomo-Araki
現代の閉塞感のある世界がもう少しだけ住みやすくなれば良いなぁ、などと考えております。今の状況の延長線を自分たちの子供たちや孫たちへバトンを渡すのは余りにも無責任だと思っています。大学は工学系卒。国立K大学の経済学研究科大学院修士。博士課程考慮中…。この国の未来への良きシナリオを描きたいと思いトボトボと歩いてるって感じです。ただ最近は、当方の怠慢のせいでtwitterまとめ、或いは「忘備録」化してます…。しかし、同志さんたち大歓迎です。

なおこのブログではアフィリエイトプログラムを利用しておりますが、実際の商品の購入に関しましては、お客さまとリンク先のホームページ管理人とのお取引になります。お取引に関しまして、当ブログ、並びに管理人は一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。当該商品等のお問い合わせは、お取引先までご連絡下さい。

みんなのプロフィールSP

人気ブログランキングへ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
F2Cアフィリエイト
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クロック
最新コメント
Flashリバーシ
時間があれば遊んでいってください
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
クリック募金
ワンクリックで救える命がある
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター
メールフォーム
個人的に連絡したい時はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブロとも募集中で~す!

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム